2022/12/01/ (木) | edit |

car_denki.png
中国やヨーロッパなどで電気自動車=EVが普及する中、海外の有力メーカーは日本でも主力のEV専用モデルを投入するなど、市場の拡大を見込んで攻勢を強めています。

ソース:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20221130/k10013907641000.html

2022/11/12/ (土) | edit |

Tesla_Motorssvg テスラ ロゴ
米電気自動車(EV)大手テスラの日本法人は、千葉市稲毛区で12日に開業する新拠点「テスラセン ター千葉稲毛」を報道陣に公開した。

ソース:https://news.livedoor.com/article/detail/23184909/

2022/11/08/ (火) | edit |

Tesla_Motorssvg テスラ ロゴ
2022年7~9月期決算を巡り、世界の自動車業界に衝撃が走った。トヨタ自動車の連結純利益は4342億円だったのに対し、米テスラは4542億円と、四半期ベースで初めて両社の金額が逆転した。

ソース:https://www.nikkei.com/article/DGXZQOFD0281H0S2A101C2000000/

2022/11/02/ (水) | edit |

toyota_l.jpg トヨタ自動車が発表したことし4月から9月までの中間決算は、円安による効果で売り上げにあたる営業収益は17兆7093億円と、この時期としては過去最高となった一方、原材料価格の高騰の影響が大きく、最終的な利益は、1兆1710億円と前の年の同じ時期と比べて23.2%減少しました。最終的な利益の減益は2年ぶりとなります。

ソース:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20221101/k10013877111000.html

2022/10/31/ (月) | edit |

car_jidouunten_man.png 警察庁は27日、特定の条件下で運転を完全に自動化する自動運転の「レベル4」の運行許可制度を盛り込んだ改正道路交通法の施行について、2023年4月1日を予定していると明らかにした。施行されれば、レベル4の公道走行が解禁されることになる。自動配送ロボットを運行する事業者の届け出制度も同日施行を目指す。

ソース:https://www.nikkei.com/article/DGKKZO65486610X21C22A0MM0000/

2022/10/28/ (金) | edit |

car_denki.png
[ブリュッセル 27日 ロイター] - 欧州連合(EU)は27日、内燃エンジン乗用車の新車販売を2035年以降実質的に禁止する法整備で合意した。

ソース:https://jp.reuters.com/article/climate-change-eu-autos-idJPKBN2RM26C
2022/10/28/ (金) | edit |

toyota_l.jpg トヨタ自動車は10月27日、一部車種の納車時に納入していたスマートキーの個数を2個から1個に減らすと発表した。半導体不足の影響を受けたことが原因。対象の車種は11月生産分より、スマートキー1個とメカニカルキー1個を納入する。

ソース:https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2210/27/news168.html

2022/10/26/ (水) | edit |

toyota_l.jpg [24日 ロイター] - トヨタ自動車が電気自動車(EV)事業を巡り、戦略の修正を検討していることが分かった。基本設計のプラットフォーム(車台)も見直しの対象に含めており、2030年までにEV30車種をそろえるとしていた従来の計画の一部は既にいったん止めた。

ソース:https://news.yahoo.co.jp/articles/87915d56782e49e25e9b242b2e3da33662b6425d

2022/10/25/ (火) | edit |

toyota_l.jpg [24日 ロイター] - トヨタ自動車が電気自動車(EV)事業を巡り、戦略の修正を検討していることが分かった。基本設計のプラットフォーム(車台)も見直しの対象に含めており、2030年までにEV30車種をそろえるとしていた従来の計画の一部は既にいったん止めた。

ソース:https://jp.reuters.com/article/toyota-exclusive-idJPKBN2RJ0NR

2022/09/06/ (火) | edit |

car_hybrid.png 現在、国や自治体から補助金を交付されるなど、電気自動車を普及させる動きが注目されていますが、みなさんは電気自動車に対してどのように思っているのでしょうか。

ソース:https://news.yahoo.co.jp/articles/a267d300d3c88aeb36a7d3a1ec0818f94d51745e
2022/09/05/ (月) | edit |

car_denki.png 片道の距離が400~500kmを超えて、やっと急速充電器の出番となる。EVを所有したことがない場合、充電といえば急速充電をイメージされることがあるが、基本は自宅や目的地での普通充電であり、実は急速充電はあくまでも遠出時の補助的な充電方法だ。

ソース:https://news.yahoo.co.jp/articles/8be69462e812f7a70552b9c47560b39af59d3ff8?page=3

2022/08/17/ (水) | edit |

car_denki.png 最近では国内外のさまざまなメーカーが続々と新型車をリリースしている電気自動車。 しかし、ネットで電気自動車のニュースがあがるとネガティブな意見もまだまだ多く、実際の普及率もそこまで上がっていないのが現状だ。

ソース:https://news.yahoo.co.jp/articles/2f8974f1585a73f902f70063789e415fed25321a

2022/08/01/ (月) | edit |

toyota_l.jpg 【ロンドン時事】31日付の英日曜紙サンデー・テレグラフによると、トヨタ自動車は英政府に対し、 脱炭素計画の一環として2030年にハイブリッド車(HV)の販売を禁止した場合、英国での生産から撤退する可能性があると警告した。

ソース:https://news.yahoo.co.jp/articles/991f202a247368067b29b3430d571afdce62a998

2022/07/26/ (火) | edit |

toyota.jpg トヨタ自動車は25日、2022年度下期(10月から23年3月)は、部品メーカーに、価格の引き下げを要請しないことを明らかにした。

ソース:https://www.yomiuri.co.jp/economy/20220725-OYT1T50177/

2022/07/22/ (金) | edit |

800px-Flag_of_the_People27s_Republic_of_Chinasvg_電気自動車(EV)世界2位の中国BYDは21日、日本の乗用車市場に参入すると発表した。EVの小型スポーツ用多目的車(SUV)など3車種を来年1月以降に売り出す。本国の中国や欧州に比べ、日本市場のEV比率はまだ低い。まずは手の届きやすい価格帯の車種を投入し、市場の主導権を握る戦略を描く。

ソース:https://digital.asahi.com/articles/ASQ7P33Q0Q7NULFA025.html?iref=comtop_7_05

2022/07/18/ (月) | edit |

england_box.jpg 英国の自動車生産台数が歴史的低水準に落ち込んでいる。2022年1~5月は約33万台と、前年同期よりも23%減った。 年間で65年ぶりの少なさだった21年を下回るペースで、業界団体が見込んでいた100万台回復に黄信号がともる。

ソース:https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGR30DX90Q2A630C2000000/

2022/06/23/ (木) | edit |

toyota.jpg
トヨタ、部品値下げ要請再開 生産回復見込む

ソース:https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00640408

2022/03/24/ (木) | edit |

ルノー
仏ルノー、ロシアで生産停止 ゼレンスキー氏が名指し


ソース:https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGR2402X0U2A320C2000000/

2022/02/11/ (金) | edit |

ヒュンダイ
韓国の現代自動車は8日、東京で日本メディアを相手に記者会見を開き、日本市場への再進出を発表した。過去に撤退して以来12年ぶりの挑戦であり、現代としては満を持しての発表だった。

ソース:https://korea-economics.jp/posts/22021005/

2022/02/09/ (水) | edit |

ヒュンダイ 現代(ヒュンダイ)自動車が13年ぶりに日本の乗用車市場に再進出する。現代自動車は「アイオニック5」と「ネッソ」など電気および水素電気車のオンライン販売戦略を前面に押し出して市場を攻略する。

ソース:https://www.wowkorea.jp/news/japankorea/2022/0206/10334290.html

2022/02/09/ (水) | edit |

日産ロゴ 「かつてないほど力強いパートナーシップが実現している」。日産自動車の社長兼最高経営責任者(CEO)の内田誠は1月27日の記者会見で、仏ルノー、三菱自動車との3社連合の成果を強調。3社で電気自動車(EV)化などに2026年度まで230億ユーロ(約3兆円)を投じると明らかにした。

ソース:https://www.nikkei.com/article/DGKKZO79952330Y2A200C2EA1000/

2022/02/08/ (火) | edit |

日産ロゴ 日産自動車は日欧中向けにガソリンエンジンの新規開発をやめる方針を固めた。世界的に強化される排ガス規制に対応するため、内燃エンジンから電気自動車(EV)やハイブリッド車(HV)向け駆動装置の開発に投資をシフトさせる。日本車大手でエンジン開発の終了方針が明らかになるのは初めて。世界的なEVシフトが車の基幹部品の開発にも及んでいる。

ソース:https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC0797Y0X00C22A2000000/

2022/02/01/ (火) | edit |

豊田章男 日本自動車工業会(自工会)は2022年1月27日に定例記者会見を開き、同会長の豊田章男氏(トヨタ自動車社長)がカーボンニュートラル(炭素中立)への取り組みについて説明した。

ソース:https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/news/18/12108/

2022/01/31/ (月) | edit |

20071205_1 honda ホンダ ホンダの電気自動車(EV)用電池の調達計画が明らかになった。生産拠点の近くから輸送するため、日米中の3市場でそれぞれ異なる中国や韓国のメーカーから調達する。米国では提携するゼネラル・モーターズ(GM)と共同購入することで、さらに調達コストを下げる。より長い航続距離を実現する次世代電池の自社開発も急ぐ。

ソース:https://www.yomiuri.co.jp/economy/20220129-OYT1T50254/

2022/01/30/ (日) | edit |

ヒュンダイ 昨年、中国で現代車の販売台数が38万5000台へと墜落した。2020年に比べて23%減少した。現代車の中国市場でのシェアは1.8%へとさらに下がった。起亜や中国での販売台数も、15万2000台と、39%激減した。

ソース:https://cutt.ly/POpxMrK

おすすめ新着記事!!

政経chの全記事一覧はこちらになります
アクセスランキング ブログパーツ