2021/12/08/ (水) | edit |

toyota_l.jpg 12月7日、トヨタ自動車は、消費者の目に留まりにくい箇所や外から見えない部分を中心に車両性能・安全性に影響のない範囲であれば、仕入先から調達した傷などのある部品を採用していると明らかにした。

ソース:https://jp.reuters.com/article/idJPKBN2IM0RO

2021/12/03/ (金) | edit |

toyota_l.jpg 【フランクフルト=深尾幸生】トヨタ自動車が欧州から脱炭素を本格化する。2日、欧州で2035年に販売する新車をすべて電気自動車(EV)など二酸化炭素(CO2)を排出しないゼロエミッション車(ZEV)にすると発表した。

ソース:https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGR02F130S1A201C2000000/

2021/11/30/ (火) | edit |

car_denki.png
クルマを購入する際、多くの人が気にするのが、そのクルマが将来どのくらいの価格で売れるのかという点、つまりリセールバリューです。

ソース:https://news.yahoo.co.jp/articles/26d2913192a72b6ef3a2ccaff3e453408896f7c7

2021/11/26/ (金) | edit |

toyota_l.jpg 新型コロナウイルス禍で落ち込んだビジネスの回復をにらみ、企業が働き手の待遇見直しを急いでいる。自動車や飲食など期間従業員やアルバイトの求人を増やしている。労働市場の一部で逼迫感も出ており、非正規従業員の待遇改善につながれば経済正常化の動きにも弾みがつきそうだ。

ソース:https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC28C310Y1A620C2000000/

2021/11/26/ (金) | edit |

3b5ddbd0subaru スバル SUBARU(スバル)は、非常にユニークな自動車メーカーです。前身が中島飛行機であったこともあってか、とても技術を大切にしており、そうした特徴が製品にも色濃く出ています。

ソース:https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2111/22/news104.html

2021/11/17/ (水) | edit |

toyota_l.jpg 世界の自動車メーカーが半導体不足に直面した中で、2021年7~9月期決算(国際会計基準)で純利益がこの時期としては過去最高になったトヨタ自動車。ただ出そろった主要自動車メーカーの決算を分析すると、車1台の純利益は米電気自動車(EV)大手のテスラに3倍近い差をつけられた。時価総額も15日時点でトヨタの34兆円に対し、テスラは3.4倍の118兆円だ。

ソース:https://www.nikkei.com/article/DGXZQOFD027700S1A101C2000000/

2021/10/30/ (土) | edit |

RwudicV.jpg 2021年10月29日、トヨタは、新たな電気自動車(EV)の「bZシリーズ」第一弾となるSUVの新型「bZ4X(ビーズィーフォーエックス)」の詳細情報を公開しました。電動化が加速するなかで、トヨタのbZシリーズとはどのような特徴をもつEVなのでしょうか。

ソース:https://news.yahoo.co.jp/articles/31f5c2897e150ec53b5d8cdde571f194c174dd53

2021/10/19/ (火) | edit |

toyota_l.jpg トヨタ自動車は18日、米国に自動車用の電池を生産する工場を新設すると発表した。豊田通商と共同出資で米国に新会社を設立し、2025年までに稼働させる。場所や生産能力は明らかにしていない。31年までに約1430億円を投じ、1750人を新規採用する。

ソース:https://www.nikkei.com/article/DGXZQOFD189T40Y1A011C2000000/

2021/10/02/ (土) | edit |

car_side.png 自動車販売の業界団体が1日発表した9月の国内新車販売台数(軽自動車含む)は前年同月比で32.2%減の31万8371台だった。東南アジアの新型コロナウイルス感染拡大による部品供給の遅れや半導体不足で、トヨタ自動車をはじめメーカー各社で減産が相次いだ。生産遅れによる販売への影響が深刻になってきた。

ソース:https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC014SD0R01C21A0000000/

2021/10/02/ (土) | edit |

car_denki.png 電気自動車(EV)の火災事故が世界各地で相次いでいる。衝突事故に伴う炎上など原因はさまざまだが、共通するのが事故処理の難しさ。一度鎮火してもバッテリーの発熱によって再燃してしまうのだ。全米防火協会(NFPA)や米国家運輸安全委員会(NTSB)の調査結果から実態に迫る。

ソース:https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/column/18/00001/06034/

2021/09/29/ (水) | edit |

豊田章男 トヨタは30年のEVと燃料電池自動車(FCV)販売台数目標を200万台と発表。ハイブリッド車(HV)を含めて電動車全体の目標販売台数を800万台とする。ホンダは40年に全ての新車販売をEVとFCVにする方針を打ち出している。

ソース:https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2109/24/news152.html

2021/09/18/ (土) | edit |

car_denki.png 世界的にクルマの電動化はトレンドになっている。日本ではハイブリッドが電動化の主役だが、欧州などではプラグイン(外部充電)をするクルマが電動化の中心で、ゼロエミッションの電気自動車がシェアを拡大している。 すでに新車販売におけるプラグイン車(電気自動車とプラグインハイブリッド)のシェアは17%に達しているという統計もある。

ソース:https://news.yahoo.co.jp/articles/0d2114c81c36d7a94745de8c17eb4872be97d861

2021/09/18/ (土) | edit |

9f1b03c55d078160e25f98ee884f905a_.jpg 日産+三菱の軽自EVが200万円で22年度初頭に発売へ 
その勝算と不安は!?


ソース:https://bestcarweb.jp/feature/column/322624

2021/09/15/ (水) | edit |

img_e1d2be146dcf6e9e2cd21c1ff2922acb273496_.jpg 日産自動車は2021年9月14日、ハイパフォーマンスモデル「日産GT-R」の2022年モデルと、同車をベースとする特別仕様車「T-spec」を2モデル発表した。

ソース:https://www.webcg.net/articles/-/45135

2021/09/12/ (日) | edit |

car_denki.png
環境省は2022年度から、軽の電気自動車(EV)普及に向け購入補助を始める方針だ。 再生可能エネルギーで作られた電気で充電する場合に、経済産業省が以前から設けているEV購入時の補助金に上積みする。

ソース:https://www.jiji.com/jc/article?k=2021091100344

2021/09/10/ (金) | edit |

豊田章男 日本自動車工業会の豊田章男会長(トヨタ自動車社長)は9日のオンライン形式の記者会見で、「一部の政治家からは全て電気自動車(EV)にすればいいという声を聞くが、それは違う」と述べた。次の政権を念頭に、温室効果ガスの削減に向けてエンジン車に対する規制が行き過ぎないようけん制した格好だ。

ソース:https://news.yahoo.co.jp/articles/f3b42917c2f14f01b18cef5b590ea083cd07f3a8

2021/09/10/ (金) | edit |

豊田章男 日本自動車工業会の豊田章男会長(トヨタ自動車社長)は9日、オンラインで記者会見し、 17日に告示される自民党総裁選に関連して「一部の政治家からは『すべてを電気自動車にすればよい』とか 『製造業は時代遅れだ』という声を聞くこともあるが、それは違うと思う」と述べた。

ソース:https://mainichi.jp/articles/20210909/k00/00m/020/095000c

2021/09/08/ (水) | edit |

toyota_l.jpg
トヨタ自動車は7日、ハイブリッド車(HV)や電気自動車(EV)に搭載する車載電池について2030年までに1兆5千億円投資すると発表した。

ソース: https://www.nikkei.com/article/DGXZQOFD075G30X00C21A9000000/

2021/09/07/ (火) | edit |

car_keijidousya.png 軽自動車の価格上昇が止まらない。政府統計によると過去10年で平均価格は5割近く上がった。軽にも高機能の安全装備が付加されるようになったうえ、激しい販売競争を繰り広げた2強のダイハツ工業とスズキが採算重視に転じたことも背景にある。この間の所得の伸びを大きく上回り、「庶民の足」が家計に与える負担は増している。

ソース:https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC100GF0Q1A810C2000000/

2021/08/22/ (日) | edit |

豊田章男 <米テスラが火をつけたEV(電気自動車)シフトが欧米で進む一方、トヨタはハイブリッド車(HV)、プラグインハイブリッド車(PHV)、燃料電池車(FCV)にEVを加えた全方位戦略で受けて立とうとしている。果たしてトヨタに勝機があるのか。

ソース:https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2021/08/vs-40.php

2021/08/19/ (木) | edit |

067_l______.jpg 日産自動車は8月18日(現地時間)、ニューヨークで開催された特別イベントで新型「Z」(米国市場向けモデル)を初公開した。同モデルは米国で2022年春に発売される予定。日本仕様である「フェアレディZ」は今冬の発表を予定する。

ソース:https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1344476.html

2021/08/17/ (火) | edit |

img_38d3e2ea4d0080c7bd368b0b737d22aa3160357_.jpg ホンダの米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは2021年8月13日(現地時間)、スペシャルティーカーとして知られた「インテグラ」を、アキュラブランドから復活させると発表した。

ソース:https://www.webcg.net/articles/-/44972

2021/08/16/ (月) | edit |

car_denki.png 世界的な脱炭素化の動きに対応するため、外国の高級車ブランドが電気自動車(EV)への専業化を次々と表明している。 日本では新型コロナウイルス禍で海外旅行などを楽しめなくなった富裕層が外国メーカーの超高級車の購入にお金を回す動きが活発化し、メーカー側はこうした層をターゲットにEVの売り込みを加速したい考えだ。ただ、富裕層が暮らす都市部マンションでの充電器設置など課題は山積する。

ソース:https://www.sankei.com/article/20210813-WA4NK3OKJJIS3CY2BWS2LXJNQM/

2021/08/15/ (日) | edit |

80_l________.jpg アウトモビリ・ランボルギーニは8月13日(現地時間)、新型モデル「カウンタック(Countach) LPI 800-4」を世界初公開。1971年のジュネーブショーでデビューしてから50周年を祝う112台の限定モデルとして「カウンタック」が復活を果たした。

ソース:https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1343680.html

2021/08/12/ (木) | edit |

ドイツ ドイツの自動車生産で電気自動車(EV)シフトが急加速している。 今年5月にはドイツ国内で生産された乗用車に占めるEVとプラグインハイブリッド車(PHV)の比率が初めて2割を突破した。 世界的に環境規制が強まるなか、フォルクスワーゲン(VW)など独大手はまず国内工場をEV工場へと転換する。

ソース:https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGR23EEU0T20C21A6000000/

おすすめ新着記事!!

政経chの全記事一覧はこちらになります
アクセスランキング ブログパーツ