2018/02/20/ (火) | edit |

toyota_l.jpg
トヨタ自動車は新たな試験場を愛知県に設ける。11種類のテストコースに研究開発棟も備え、総投資額は3000億円規模となる見込み。トヨタはハイブリッド車(HV)や電気自動車(EV)など電動車では全方位の開発を進めており、30年までに年間550万台以上売る目標を掲げる。各国の環境規制に対応する電動車の大量投入に備え、開発効率化のための大型投資に踏み切る。

ソース: https://www.nikkei.com/article/DGXMZO27093950Z10C18A2TI1000/

2018/02/09/ (金) | edit |

Tesla_Motorssvg テスラ ロゴ
米テスラが7日発表した2017年10~12月期決算は最終損益は6億7535万ドル(約740億円)の赤字(前年同期は1億2133万ドルの赤字)となった。新型電気自動車(EV)「モデル3」の量産立ち上げに苦しみ、投資がかさんでいる。前回決算で3カ月後ろ倒しした週産5千台の目標をさらに3カ月延期した。

ソース:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26668230Y8A200C1EAF000/

2018/02/09/ (金) | edit |

001 cx5 マツダは8日、クロスオーバーSUV「CX-5」を商品改良して予約開始し、3月8日に発売すると発表した。同社の国内向けSUV最上位モデル「CX-8」にも搭載される進化したクリーンディーゼルエンジンに加え、新技術を採用したガソリンエンジンを搭載するなど最新のSKYACTIVエンジンを全面展開する。

ソース:https://news.mynavi.jp/article/20180208-582499/

2018/02/08/ (木) | edit |

ゴーン_日産
仏ルノーの会長兼CEO(最高経営責任者)で日産自動車と三菱自動車工業の会長であるカルロス・ゴーン氏の周辺がキナ臭くなってきた。

ソース:http://biz-journal.jp/2018/02/post_22239.html

2018/02/04/ (日) | edit |

1273296_.jpg メルセデスベンツは2月2日、オランダ・アムステルダムにおいて、新型『Aクラス』を発表した。現行Aクラスは3世代目モデルで2012年春、ジュネーブモーターショー2012で初公開。初代、2代目から一転し、背の低いハッチバックデザインを採用。BMW『1シリーズ』やアウディ『A3スポーツバック』などの競合車を相手に、販売面で成功を収めてきた。

ソース:https://response.jp/article/2018/02/03/305628.html

2018/02/01/ (木) | edit |

mazda マツダ
自動車メーカーのマツダは、「デミオ」など乗用車3車種でエンジンに問題があり最悪の場合エンジンが破損するおそれがあるとして、合わせておよそ16万台のリコールを国に届け出ました。

ソース:NHK NEWS WEB

2018/01/30/ (火) | edit |

toyota_l.jpg
トヨタ自動車は去年1年間のグループ全体の販売台数が世界全体で1038万台となり、世界3位に後退しました。トップは前回に続きドイツのフォルクスワーゲンで1074万台、2位は日産自動車とフランスのルノー、それに三菱自動車工業のグループで1060万台でした。

ソース:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180130/k10011308221000.html

2018/01/25/ (木) | edit |

1266824.jpg
日産自動車の米国法人、北米日産は米国で開催中のデトロイトモーターショー2018において、『GT-R』の2018年モデルを初公開した。

ソース:https://response.jp/article/2018/01/22/305069.html#cxrecs_s

2018/01/24/ (水) | edit |

800x-1G_.jpg
ドイツのメルセデスベンツは、スポーツタイプ多目的車(SUV)「Gクラス」を約40年前の発売以来初めて刷新した。同ブランドが取ったアプローチは、「壊れていないなら直すな」というものだ。

ソース:https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-01-18/P2QKHJ6JTSEH01

2018/01/22/ (月) | edit |

car_keijidousya.png メディアでは盛り上がりを見せている電気自動車だが、実際に販売されているクルマのなかでのEVの割合はまだ少ない。しかし、そんな状況も変わる可能性がある。世界が脱ガソリン車・ディーゼル車を叫び始めるなか、2018年は真のEV元年になるかもしれないのだ。

ソース:https://wired.jp/2018/01/20/2018-year-electric-car/

2018/01/18/ (木) | edit |

toyota_l.jpg
トヨタ自動車の北米本部長を務めるジム・レンツ専務役員は16日、米国の電気自動車(EV)需要は「強くない」と述べた。同社が力を入れるハイブリッド車(HV)の米での販売比率を2020年までに現状の9%から15%に高める考えを明らかにした。また北米自由貿易協定(NAFTA)の見直し交渉は「(協定がなくなれば)生産コストが上昇し、米国の仕事が減る」と懸念を示した。

ソース:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO25785060X10C18A1I00000/

2018/01/02/ (火) | edit |

経済ニュースロゴ
スズキやSUBARU(スバル)、ダイハツ工業、日野自動車の4社は31日までに、トヨタ自動車、マツダ、デンソーの3社が共同で進める電気自動車(EV)の技術開発に参加することを決めた。欧米に比べ商品化の遅れが指摘されるEVをめぐり、小型車から商用車まで各社が幅広い技術を持ち寄り開発を加速させる。

ソース:https://www.jiji.com/sp/article?k=2017123100125&g=eco

2017/12/29/ (金) | edit |

日産ロゴ
日産自動車は、無資格検査問題に伴うリコール(回収・無償修理)を迅速に進めるため、早期に販売店に車を持ち込んだ顧客に対し、日産車への買い替え時に8万円を割り引くクーポンを配ることを決めた。年明けから、販売店を通じて顧客に知らせる方針だ。

ソース:http://www.asahi.com/articles/ASKDW3QG0KDWULFA009.html

2017/12/29/ (金) | edit |

toyota_l.jpg
トヨタ自動車の2017年のグループ世界販売台数(ダイハツ工業と日野自動車を含む)が、ドイツのフォルクスワーゲン(VW)や、日産自動車とフランス大手ルノー、三菱自動車の3社連合を下回り、世界3位に後退する公算が大きくなったことが27日、分かった。

ソース:https://this.kiji.is/318674966671295585

2017/12/26/ (火) | edit |

img_c3247c1f731e976e6c881b69953073e9110383.jpg
スズキは2017年12月25日、ワゴンとSUVを融合した小型クロスオーバー「XBEE(クロスビー)」を発表し、同日、販売を開始した。

ソース:http://www.webcg.net/articles/-/37919

2017/12/26/ (火) | edit |

01_l toyota アルファード トヨタ、「アルファード」「ヴェルファイア」をマイチェン。
昼間の自転車や夜間の歩行も検知可能な第2世代版
「Toyota Safety Sense」全車標準装備 - Car Watch


ソース:https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1098534.html

2017/12/21/ (木) | edit |

3b5ddbd0subaru スバル SUBARU(スバル)は20日、燃費検査でデータ変更がなかったか調査を始めると発表した。社員の一部から指摘が出たため。同社では10月、新車の性能を最終チェックする完成検査業務を無資格者が行う不正行為が判明。燃費検査でも不正が裏付けられれば、スバルの信頼をさらに揺るがすことになる。

ソース:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171220-00000085-jij-bus_all

2017/12/18/ (月) | edit |

toyota_l.jpg
トヨタ自動車は18日、エンジン車だけの車種を2025年ごろまでにゼロにすると発表した。電気自動車(EV)に、ハイブリッド車(HV)やプラグインハイブリッド車(PHV)、燃料電池車(FCV)も加えた「電動車」を、すべての車種に設定する。

ソース:http://www.asahi.com/articles/ASKDL4F6BKDLOIPE01M.html

2017/12/15/ (金) | edit |

cover_url=http3A2F2Fnewswitchjp2Fimg2Fupload2FphpPTTTyr_5a330e1b71309.jpg マツダは14日、同日発売した3列シートの新型スポーツ多目的車(SUV)「CX―8」の予約受注台数が発売前の約3カ月で月間販売目標(1200台)の約6倍となる7362台になったと発表した。輸入車を含めた国内の3列SUVの月間販売台数は3000台程度。規模が小さな市場の中で、上々の滑り出しとなった。

ソース:https://newswitch.jp/p/11362

2017/12/15/ (金) | edit |

ecn1712140037-p1.jpg
スズキは14日、軽自動車「スペーシア」を4年10カ月ぶりに全面改良し、発売したと発表した。2代目となる新型は、車両の速度や進入禁止の道路標識などの情報をフロントガラスにカラー表示する機能を軽で初めて採用するなど安全装備を充実。手の届きやすい価格と高い安全性能を両立することで、若い子育て世帯から高齢の夫婦まで幅広い年代のニーズに応える。

ソース:http://www.sankei.com/economy/news/171214/ecn1712140037-n1.html

2017/12/14/ (木) | edit |

toyota_l.jpg
世界的にEVシフトが進む中、トヨタ自動車とパナソニックは、電気自動車の基幹部品となる電池の共同開発などを検討すると発表しました。トヨタの豊田章男社長は、2030年をめどに年間の販売台数のおよそ半分にあたる550万台を電気自動車などの電動車にする方針を明らかにしました。

ソース:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20171213/k10011257491000.html

2017/12/13/ (水) | edit |

1254212_.jpg
世界が注目するトヨタの新型クーペ『スープラ』が、2017年内にも初公開される可能性があることが新たに分かった。さらに、車名も別のものが与えられる可能性が浮上した。

ソース:https://response.jp/article/2017/12/13/303660.html?from=tprt

2017/12/12/ (火) | edit |

AS20171211004040_comm.jpg 2017年は輸入車市場が活況で、20年ぶりに年間販売が30万台を超えることがほぼ確実となった。日本の消費者の好みに合わせた商品展開が功を奏し、「日本カー・オブ・ザ・イヤー」も輸入車が獲得。株価上昇も、富裕層による高級車消費を後押ししている。

ソース:http://www.asahi.com/articles/ASKDC55GXKDCULFA01B.html

おすすめ新着記事!!

政経chの全記事一覧はこちらになります
アクセスランキング ブログパーツ