2018/08/12/ (日) | edit |

spacia-concept-1024x730_.jpg 2017年12月にフルモデルチェンジしたスペーシアの販売が好調となっている。月間目標販売台数は従来の8500台から12000台に上乗せされ、発売から半年が過ぎる2019年7月期においても、この月間目標をほぼ達成している。2018年のメーカー別軽自動車販売台数は、中盤まではスズキとダイハツがほぼ互角の展開であった。

ソース:https://car-research.jp/tag/spacia

2018/08/10/ (金) | edit |

gatag-00008724 car 車 自動車の排ガスなどの検査で不正が相次ぐ中、スズキやマツダ、ヤマハ発動機でも不適切な検査が行われていたことがわかった。

ソース:http://www.news24.jp/sp/articles/2018/08/09/06401049.html

2018/08/08/ (水) | edit |

1328141.jpg 日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会は、7月の車名別新車販売台数(速報)を発表。『N-BOX』が前年同月比35.6%増の1万9668台で11か月連続トップとなるなど、軽自動車勢がトップ3を独占した。

ソース:https://response.jp/article/2018/08/06/312809.html

2018/08/04/ (土) | edit |

toyota_l.jpg
トヨタ自動車は3日、米トランプ政権が検討している自動車や関連部品の関税引き上げについて、「日本からの輸出車1台あたり平均約6000ドルの負担増になる」と明らかにした。合計では年間で約4700億円の影響が出る計算になり、日本以外からの輸出分も含めると負担はさらに膨らむ。

ソース:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO33808900T00C18A8MM8000/

2018/08/01/ (水) | edit |

toyota_l.jpg
【シリコンバレー=白石武志】トヨタ自動車の米国法人は30日、燃料電池を搭載した大型トラックの改良型を公開した。これまで4つだった水素タンクを6つに増やし、航続距離を従来の1.5倍の約480キロメートルに延ばした。カリフォルニア州の港湾で進めている燃料電池トラックの実証実験に追加導入し、性能を評価する。

ソース:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO33599260R30C18A7000000/

2018/08/01/ (水) | edit |

Toyota-Supra-001-20180731130939-900x507_.jpg トヨタ「スープラ」(A90型)市販型に新たな確定情報が飛び込んできました。「グッドウッドフェスティバルオブスピード2018」においてトヨタのスポーツ車両統括部長・多田哲哉氏が米「Road & Track」誌へのインタビューで語った情報によると、新型スープラには2リットル直列4気筒ターボエンジンが搭載されるとのこと。

ソース:https://www.excite.co.jp/News/car/20180731/Clicccar_614432.html

2018/07/29/ (日) | edit |

es300h-1024x518.jpg 新型ESシリーズが日本販売されることになり、その発売日が2018年10月24日に予定されている。日本仕様のパワートレイン選択肢はES300hの直4 2.5Lハイブリッドのみとなる。グローバルではV6 3.5Lガソリン、2.5Lガソリン、2.0Lガソリンが用意されるが、これらは日本仕様には導入されない。

ソース:https://car-research.jp/tag/es

2018/07/26/ (木) | edit |

toyota_l.jpg
トヨタ自動車は23日、2020年の東京五輪・パラリンピックに合わせて、東京臨海部などで自動運転の実証実験を行うと発表した。選手村では自動運転車を選手の移動手段としても使う。

ソース:https://www.asahi.com/articles/ASL7R4J0CL7ROIPE01D.html

2018/07/18/ (水) | edit |

ヒュンダイ
中国市場で現代自動車はTHAAD(高高度防衛ミサイル)韓国設置に対する報復をまだ完全には乗り越えていないことが分かった。また米国の燃料電池車市場では日本企業に比べて成績が良くなかった。

ソース:中央日報

2018/07/14/ (土) | edit |

001_oN-VAN.jpg ホンダ、運転席以外はフラットに。新型軽貨物車「N-VAN(エヌバン)」は6速MT・CVTとも126万7920円~7月13日発売。軽バン初のセンターピラーレス「ダブルビッグ大開口」本田技研工業は、軽貨物自動車の新型「N-VAN(エヌバン)」を7月13日に発売する。価格は126万7920円~179万9280円。

ソース:https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1131693.html

2018/07/13/ (金) | edit |

1321138_.jpg トヨタ『スープラ』市販型の最終デザインを予想するレンダリングCGをスクープ班が入手した。間もなく開幕する「グッドウッドフェスティバルオブスピード2018」で公開を予定しているが、最終生産型ではないプロトタイプの可能性が高い。

ソース:https://response.jp/article/2018/07/12/311873.html

2018/07/10/ (火) | edit |

img_a0cbaa1df206cc647040df06e38741d772926.jpg いまやフェラーリやポルシェにも搭載されているアイドリングストップ。国産車でも、一部のスポーツモデルや特殊な車両を除くほぼすべての乗用車に装備されている。ディーラーでも燃費が良くなる、燃料の節約になると勧められることが多い。

ソース:https://diamond.jp/articles/-/174086

2018/07/10/ (火) | edit |

日産ロゴ
【7月9日 AFP】日産自動車(Nissan Motor)は9日、日本国内のほぼすべての工場で排ガスや車の燃費のデータが意図的に「改ざん」されていたと発表した。同社は昨年にも、検査不正問題で打撃を受けている。

ソース:http://www.afpbb.com/articles/-/3181762?cx_part=top_latest

2018/07/09/ (月) | edit |

a3d5f9d7 国旗2050年にすべて電動車に 世界で販売の日本乗用車 経産省

経済産業省は日本の新たな自動車戦略で、2050年ごろに世界で販売する日本の乗用車をすべて電気自動車やハイブリッド車といった「電動車」にする目標を盛り込む方針です。

ソース:NHK NEWS WEB

2018/07/09/ (月) | edit |

img_6fdf722593b90843950b729b89f18c67282909_.jpg 日産自動車は2018年7月5日、コンパクトカー「ノート」を仕様変更するとともに、「ノートe-POWER」に4WD車を追加し、販売を開始した。

ソース: http://www.webcg.net/articles/-/39076

2018/07/08/ (日) | edit |

https _imgix-proxyn8sjp_content_pic_20180708_96958A9F889DE1E0E6E0E0E0E1E2E0EBE2E4E0E2E3EAE2E2E2E2E2E2-DSXZZO3242289029062018000000-PB1-3 トヨタ自動車は、ハッチバックの「カローラ スポーツ」を2018年6月26日に発表し、同日より販売を開始した。希望小売価格は、213万8400~268万9200円(税込み)。3月の米国ニューヨークモーターショーで世界初公開し、世界に先駆けて日本で発売した。

ソース:https://style.nikkei.com/article/DGXMZO32422230Z20C18A6000000?n_cid=SNSTW001

2018/07/08/ (日) | edit |

gatag-00008724 car 車 数年前のことだ。久しぶりに、昔の職場の先輩たち数人と飲んだ。その席で、どんな流れだったかは忘れたが、自分が乗っているクルマの自慢話大会になった。

ソース:https://diamond.jp/articles/-/174165

2018/07/07/ (土) | edit |

001_o CR-V_ 本田技研工業は7月6日、新型SUV「CR-V」のティザーサイトを更新した。ティザーサイトでは新しくエクステリアやインテリアの詳細画像が公開されたほか、CR-Vとして初めての搭載となる2モーターハイブリッドシステム「SPORT HYBRID i-MMD」の3モードパワートレーンについて説明。

ソース:https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1131618.html

2018/07/06/ (金) | edit |

日産ロゴ 1~6月の軽自動車を除く国内新車販売で、日産自動車の小型車「ノート」が首位に立った。日産車の首位は1970年の「サニー」以来48年ぶり。原動力となったのが、エンジンで発電しモーターで走る独自技術による新しい運転感覚だ。成熟市場で支持を集めたのは、最先端の技術ではなく意外にも「成熟した技術」だった。

ソース:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3263700005072018000000/

2018/07/06/ (金) | edit |

1318731.jpg スズキは、本格的な四輪駆動車の機能と走破性をもつ軽四輪駆動車『ジムニー』および、新開発1.5リットルエンジンを搭載した小型四輪駆動車『ジムニーシエラ』を、20年ぶりに全面改良して、7月5日より発売する。

ソース:https://s.response.jp/article/2018/07/05/311576.html

2018/06/30/ (土) | edit |

v0jnc BMW 【フランクフルト=深尾幸生】BMWが中国の車載電池世界最大手、寧徳時代新能源科技(CATL)に数十億ユーロ(数千億円)分の電気自動車(EV)用電池を発注したことが28日わかった。BMWのハラルト・クリューガー社長が独紙ハンデルスブラットのインタビューで明らかにした。

ソース:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO32397100Z20C18A6EAF000/

2018/06/29/ (金) | edit |

crown-1024x429_.jpg トヨタ・クラウンがフルモデルチェンジを受けて、2018年6月26日に発売日を迎えた。今回からロイヤル、アスリート、マジェスタの3タイプ編成は廃止となり、標準仕様とスポーティなRS仕様が用意される。エントリーモデルには、8AR-FTS型の直4 2.0L ターボエンジンを搭載。

ソース:https://car-research.jp/tag/crown

2018/06/27/ (水) | edit |

1316193_.jpg
トヨタ自動車が6月26日に発売した『カローラスポーツ』は、カローラシリーズとして12年ぶりのハッチバックスタイル復活となる。しかも5年ぶりの全面改良で12代目に切り替わる同シリーズの口火を切る役目も担っている。

ソース:https://response.jp/article/2018/06/26/311245.html

おすすめ新着記事!!

政経chの全記事一覧はこちらになります
アクセスランキング ブログパーツ