2018/06/23/ (土) | edit |

8788fa24ea1c91b96602c6c5911c9b00スマホ
一部の大手携帯電話会社がスマートフォンを4年間の分割払いで販売して、契約の継続を促すいわゆる「4年縛り」について、公正取引委員会は顧客の囲い込みにつながり、「独占禁止法上、問題となるおそれがある」として是正を促す方針です。

ソース:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180622/k10011490211000.html

2018/06/15/ (金) | edit |

8788fa24ea1c91b96602c6c5911c9b00スマホ
二次元バーコード「QRコード」や非接触ICを使ったスマートフォン決済の利用者が、16.9%だったことがMMD研究所のスマートフォン決済の利用動向調査でわかった。スマホ決済の導入を発表する企業が相次ぎ、政府もキャッシュレス決済を後押しする中、現状の国内普及率の低さが改めて浮き彫りになった。

ソース:https://www.sankeibiz.jp/business/news/180614/bsj1806140814005-n1.htm

2018/06/09/ (土) | edit |

MMD-SIM-2.jpg MMD研究所は、大手3キャリアのスマートフォンを所有していて、2019年4月までの1年以内に格安SIMへの乗り換えを検討している15歳~70歳を対象とした「大手3キャリアユーザーの格安SIM検討サービス調査」の結果を発表しました。

ソース:https://iphone-mania.jp/news-214886/

2018/05/24/ (木) | edit |

sony ロゴ
ソニーの吉田社長が4月の新経営体制発足後、初の中期経営計画を発表した。主力の家庭用ゲーム機「プレイステーション4」を使ったネット配信の強化や、映画や音楽の知的財産を使い安定的に収益を伸ばすのが柱となる。

ソース:https://www.sankeibiz.jp/business/news/180523/bsb1805230615003-n1.htm

2018/05/23/ (水) | edit |

10032912432サムスンロゴ
中国における携帯電話の変遷は実に目まぐるしい。当初は欧米勢がほとんど市場を独占していたが、そこに割り込んできたのがサムスン電子などの韓国勢だった。しかし韓国勢の優勢も三日天下に終わり、中国の国産メーカーがいつのまにか市場を圧倒してしまった。

ソース:https://www.sankeibiz.jp/macro/news/180522/mcb1805220500005-n1.htm

2018/05/21/ (月) | edit |

2l3I8b0.png ◆スマホ、「シャープ好調・ソニー不振」のワケ

米アップルの「iPhone」に席巻され、1社、また1社と撤退していく日系のスマートフォンメーカー。かつては十数社が事業を展開していたが、今やソニー、シャープ、京セラの3社にまで減った。その中でシャープが意外な躍進ぶりを見せている。

ソース:https://toyokeizai.net/articles/-/221389

2018/05/14/ (月) | edit |

asa_MM_01.jpg
MM総研は、5月10日に2017年度通期(2017年4月~2018年3月)の国内携帯電話端末出荷概況を発表した。総出荷台数は前年度比2.7%増の3746万台で6年振りに増加。スマートフォンの出荷台数は8.1%増の3258万台となり、3000万台を超えて2年連続過去最高を記録。SIMロックフリースマートフォン出荷台数は11.9%増の315万台で、スマートフォン出荷台数に占めるSIMフリー比率は9.7%(前年度比0.4ポイント増)に拡大している。

ソース:http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1805/11/news133.html

2018/05/02/ (水) | edit |

10032912432サムスンロゴ
韓国サムスン電子が中国のスマートフォン事業で苦戦を強いられている。一時はシェアが20%近くに達し首位に立ったが、今では0%台に急低下。価格性能比の高さを前面に出した現地メーカーに押され、世界首位も中国では風前のともしびだ。中国当局主導の「嫌韓」に端を発した不買の影響だけでなく、技術優位性が薄れたことによる魅力のなさも要因だけに深刻だ。

ソース:http://www.sankei.com/economy/news/180424/ecn1804240046-n1.html

2018/04/27/ (金) | edit |

logo_apple.jpg 2018年のiPhoneにおける製品戦略が徐々にだが見えてきた。17年に市場投入された10周年記念モデル「iPhone X」の販売が振るわず、これまでの強気の価格設定も、一部見直しを迫られている。最重要課題ともいえた有機ELモデルの価格引き下げについても、肝心のパネルモジュールのコストダウンが難しく、コストパフォーマンスに優れた液晶モデルのウエイトが高まる見通しだ。

ソース:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180424-00005841-toushin-bus_all

2018/04/21/ (土) | edit |

OPPO_Logo_wiki ロゴ 「自撮り」が大人気の東南アジア市場で、中国製スマートフォンが存在感を強めている。鍵を握るのは、被写体を「とことん美しく」撮影できる機能。リードするのは自社製品を「カメラフォン」とまで呼ぶ世界5位のスマホメーカーOPPO(オッポ)だ。そのOPPOが日本市場を次の照準と定め、1月に参入した。

ソース:https://www.asahi.com/articles/ASL4H5KGHL4HUHBI01N.html

2018/04/17/ (火) | edit |

04_o xperia_ Xperiaもデュアルカメラ、ソニーが「Xperia XZ2 Premium」発表

ソニーモバイルコミュニケーションズは、Androidスマートフォンの新機種「Xperia XZ2 Premium」を発表した。今夏、グローバルで登場する予定だが、日本での取り扱いについては未定。

ソース:https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1117287.html

2018/04/11/ (水) | edit |

001-15________.jpg ドコモ、au、ソフトバンクの3キャリアが『LINE』に対抗するために新たなメッセージアプリ『+メッセージ』を5月9日より提供開始する。今までのSMSは最大全角70文字のテキストと絵文字を送受信が可能だったが、『+メッセージ』はドコモ、au、ソフトバンクの3キャリアであれば文字数を気にすること無く携帯電話番号宛でメッセージや画像、動画の送受信が可能となる(最大文字数2730文字)。

ソース:http://gogotsu.com/archives/39013

2018/04/01/ (日) | edit |

logo_apple.jpg
初代iPhoneは2007年に発売されたが、日本のネットワークに対応していなかったことから、日本で最初に発売されたiPhoneは2008年の「iPhone 3G」からとなる。

ソース:https://news.mynavi.jp/article/mobile_business-17/

2018/03/17/ (土) | edit |

4673830.jpg ◆世界中でサムスン「ギャラクシーS9」が発売開始

世界の約70カ国・地域では16日、韓国のサムスン電子による新型のフラッグシップスマートフォン(スマホ)「ギャラクシーS9」と「ギャラクシーS9プラス」が正式発売開始。聯合ニュースが伝えた。

ソース:https://jp.sputniknews.com/science/201803164673858/

2018/03/03/ (土) | edit |

foldable-iphone_.jpg 2018年内の発売が予想される新型スマートフォン端末の iPhone X Plus(仮)やユーザー待望の耐水機能を備えた新型AirPodsの噂でも巷を騒がせる「Apple(アップル)」が、最新MacBook ProもしくはiPadシリーズ用と思われる新たな特許を取得したことが明らかとなった。

ソース:https://hypebeast.com/jp/2018/3/apple-dual-display-patent-2018

2018/02/28/ (水) | edit |

l_st52693_xperia-05_.jpg
「Xperia XZ2」「Xperia XZ2 Compact」発表 デザイン刷新、画面は5.7型と5.0型ソニーモバイルがMWC 2018に合わせて「Xperia XZ2」と「Xperia XZ2 Compact」を発表。3Dガラスを採用して曲面を生かしたデザインに。画面のアスペクト比は18:9になった。[田中聡,ITmedia]

ソース:http://www.itmedia.co.jp/mobile/spv/1802/26/news085.html

2018/02/28/ (水) | edit |

01_lasus.jpg
ASUSは、Androidスマートフォンの新モデルとして「ZenFone 5」「ZenFone 5 Lite」「ZenFone 5z」を発表した。

ソース:https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/event/mwc2018/1108548.html

2018/02/21/ (水) | edit |

st52691_xperia-01.jpg ソニーモバイルコミュニケーションズが、グローバルの「Xperia」公式Twitterアカウントで、Xperiaの新機種とおぼしき内容のティーザー動画を公開している。

ソース:http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1802/19/news132.html

2018/02/09/ (金) | edit |

1_l nova lite 2 華為技術日本株式会社(ファーウェイ・ジャパン)は、ダブルレンズのメインカメラ2,160×1,080ドットの5.65型の大型液晶ディスプレイを備えたエントリー向けSIMロックフリースマートフォン「nova lite 2」を9日に発売する。価格はオープンプライスで、税別店頭予想価格は25,980円前後の見込み。

ソース:https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1105212.html

2018/02/06/ (火) | edit |

docomo_ドコモ 携帯電話業界の顧客争奪戦が活発になっている。ソフトバンクとKDDIが積極的な販促活動を仕掛けているだけでなく、2社傘下の格安スマートフォン(スマホ)ブランド、ワイモバイルとUQモバイルも攻勢をかける。標的になっているNTTドコモは、草刈り場になるのを避けようと対策に余念がない。

ソース:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26477680S8A200C1000000/

2018/02/06/ (火) | edit |

11ef8_1646_70a198506cc0afaf3ddff3908ec403f7.jpg NTTドコモは、Andoridスマートフォン「M Z-01K」を2月9日に発売する。価格は、9万2664円(税込)。「月々サポート」適用後の実質負担額は新規契約、機種変更で4万2768円、MNP転入で2万6568円となる。

ソース:http://news.livedoor.com/article/detail/14258595/

2018/02/01/ (木) | edit |

180122_what_is_oppo_0-w960.jpg 日本版の公式ページやTwitterアカウントを開設するなど、まさに上陸前夜だった中国スマートフォンメーカーのOPPO(オッポ)。そのOPPOから、日本初投入となるSIMフリースマートフォン「R11s」の発表が行なわれました!

ソース:https://www.gizmodo.jp/2018/01/oppo-r11s-camera-display.html

2018/01/30/ (火) | edit |

logo_apple.jpg
米アップルがスマートフォン(スマホ)の最新モデル「iPhoneX(テン)」を減産する。1~3月期の生産量を当初計画から半減させる見通しで、各種部品を納入する国内外のメーカーに通達した。1台11万円を超える高価格が世界の消費者に受け入れられなかったもよう。有機ELパネルを初採用した「X」の販売低迷は、幅広い部品メーカーの生産や業績に影響しそうだ。

ソース:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26271200Z20C18A1MM8000/?nf=1

おすすめ新着記事!!

政経chの全記事一覧はこちらになります
アクセスランキング ブログパーツ