2018/02/09/ (金) | edit |

1_l nova lite 2 華為技術日本株式会社(ファーウェイ・ジャパン)は、ダブルレンズのメインカメラ2,160×1,080ドットの5.65型の大型液晶ディスプレイを備えたエントリー向けSIMロックフリースマートフォン「nova lite 2」を9日に発売する。価格はオープンプライスで、税別店頭予想価格は25,980円前後の見込み。

ソース:https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1105212.html

2018/02/06/ (火) | edit |

docomo_ドコモ 携帯電話業界の顧客争奪戦が活発になっている。ソフトバンクとKDDIが積極的な販促活動を仕掛けているだけでなく、2社傘下の格安スマートフォン(スマホ)ブランド、ワイモバイルとUQモバイルも攻勢をかける。標的になっているNTTドコモは、草刈り場になるのを避けようと対策に余念がない。

ソース:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26477680S8A200C1000000/

2018/02/06/ (火) | edit |

11ef8_1646_70a198506cc0afaf3ddff3908ec403f7.jpg NTTドコモは、Andoridスマートフォン「M Z-01K」を2月9日に発売する。価格は、9万2664円(税込)。「月々サポート」適用後の実質負担額は新規契約、機種変更で4万2768円、MNP転入で2万6568円となる。

ソース:http://news.livedoor.com/article/detail/14258595/

2018/02/01/ (木) | edit |

180122_what_is_oppo_0-w960.jpg 日本版の公式ページやTwitterアカウントを開設するなど、まさに上陸前夜だった中国スマートフォンメーカーのOPPO(オッポ)。そのOPPOから、日本初投入となるSIMフリースマートフォン「R11s」の発表が行なわれました!

ソース:https://www.gizmodo.jp/2018/01/oppo-r11s-camera-display.html

2018/01/30/ (火) | edit |

logo_apple.jpg
米アップルがスマートフォン(スマホ)の最新モデル「iPhoneX(テン)」を減産する。1~3月期の生産量を当初計画から半減させる見通しで、各種部品を納入する国内外のメーカーに通達した。1台11万円を超える高価格が世界の消費者に受け入れられなかったもよう。有機ELパネルを初採用した「X」の販売低迷は、幅広い部品メーカーの生産や業績に影響しそうだ。

ソース:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26271200Z20C18A1MM8000/?nf=1

2018/01/21/ (日) | edit |

iPhone-X-e1515001011121.png
Appleは第2四半期(4−6月)におけるiPhone Xの生産台数を、最大1,000万台削減し、年内には生産を終了するのではないかとの見方が浮上しています。

ソース:https://iphone-mania.jp/news-200739/

2018/01/18/ (木) | edit |

apple-has-lost-ios-market-share-in-the-us-europe-and-japan-w640.jpg 市場調査会社、カンター・ワールドパネル(Kantar Worldpanel)によると、アンドロイドのシェアはiOSを大きくリードしており、いくつかの主要マーケットではその差は広がり続けている。

ソース:https://www.businessinsider.jp/post-160345

2018/01/06/ (土) | edit |

800px-Flag_of_the_People27s_Republic_of_Chinasvg_ スマートフォン(スマホ)最大の市場である中国でシェア1位のOPPO(オッポ、広東欧珀移動通信)が、日本に参入する。2018年春にも通信会社を自由に選べるSIMフリー端末の国内販売を始め、大手通信会社での採用も目指す。中国国内や新興国で販売を拡大してきた中国スマホが品質を磨き、プレミアム市場である日本に挑戦しはじめた。

ソース:https://www.nikkei.c...0000/?n_cid=TPRN0003

2018/01/03/ (水) | edit |

001_sumaho_.jpg
最近スマホ本体の価格は高騰しっぱなし。最新モデルでは、10万円以上の高級ハイエンドスマホも多数登場してきている。今回はマイナビニュース会員501名に、スマートフォン本体にズバリ10万円払えるかどうかを聞いてみた。

ソース:https://news.mynavi.jp/article/20180102-561209/

2018/01/01/ (月) | edit |

logo_apple.jpg これでひとまず沈静化する…か?

近日Apple(アップル)コミュニティを大いに騒がせている、古いiPhoneでの性能低下問題。Appleも正式に性能低下を認めその理由を説明していましたが、とうとうそれでは問題は収まらないと判断したのか、海外向けリリースにて公式に謝罪し、バッテリー交換の値下げを発表しました。

ソース:https://www.gizmodo.jp/2017/12/apple-appologize-battery-problem.html

2017/12/25/ (月) | edit |

ne_lineiphone_01.jpg
「若年層ほどiPhoneを好む」――LINEは12月22日、こんな調査結果を発表した。スマートフォンでネットを利用している10~20代の7割以上がiPhoneを使っているという。

ソース:http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1712/22/news103.html

2017/12/25/ (月) | edit |

trend_20171220183908-thumb-645xauto-128894.jpg
中国・ファーウェイのSIMフリースマートフォン「HUAWEI P10 lite」(2017年6月9日発売)が2017年12月、スマホの機種別週間販売台数のランキングで初めて1位を獲得した。

ソース:https://www.j-cast.com/trend/2017/12/20317153.html

2017/12/09/ (土) | edit |

cover_url=http3A2F2Fnewswitchjp2Fimg2Fupload2FphpXSzA3E_5a299936b6102.jpg 格安スマートフォンサービスの通信速度を開示するための指針をめぐって、格安スマホ業界が揺れている。指針は総務省の支援を受け、業界団体が来夏に策定する見込み。速度の計測や開示にルールを設けることで、消費者が各社のサービスの品質を適切に見分けられる環境を整備する。

ソース:https://newswitch.jp/p/11292

2017/11/20/ (月) | edit |

prm1711200001-p1.jpg
インターネット接続サービス「iモード」時代に日本独自の進化を遂げて「ガラケー」と呼ばれた従来型携帯電話(フィーチャーフォン)を多数生み出したNTTドコモが、スマートフォン時代の今、再び独自スマホの開発に力を入れ始めた。第1弾として年明けに2画面の折り畳み式スマホ「M」を投入するのに続き、3画面折り畳み式なども構想中だ。

ソース:http://www.sankei.com/premium/news/171120/prm1711200001-n1.html

2017/11/14/ (火) | edit |

4270566.jpg iPhone Xの所有者たちがさらなる欠陥を訴えている。大音量で音楽を再生した際や通話の時に音割れやノイズが生じるとのこと。サイト「9to5mac.com」が報じた。

ソース:http://jp.sputniknews.com/science/201711134273646/

2017/11/04/ (土) | edit |

logo_apple.jpg なんでも考え方次第…?

さて、待ちに待ったiPhone Xが発売されました。iPhone Xはこれまで発売されたiPhone史上1番高い価格で、999ドル(日本では税別11万2800円)からのスタートとなっています。でもApple(アップル)は当然のように「みんな買うでしょ?」の姿勢を崩していません。

ソース:https://www.gizmodo.jp/2017/11/iphone-x-coffee-1-cup.html

2017/10/31/ (火) | edit |

logo_apple.jpg
10月27日より予約受付が始まったiPhone Xですが、日本時間30日深夜ごろから、一部の予約済みユーザー宛てに、Apple Storeから予約商品をキャンセルしたとのメールが届いていることがわかりました。

ソース:http://news.livedoor.com/lite/article_detail_amp/13819510/

2017/10/30/ (月) | edit |

ecn1710300003-p1.jpg
NTTドコモが、折り畳み式の3画面スマートフォンを企画・開発する検討に入ったことが29日、分かった。来年1月以降に2画面の折り畳み式スマホを発売するが、3画面スマホが実現すれば、3つの画面を合わせてタブレット端末並みの大画面で動画視聴などができるようになる。持ち運びしやすく、大画面を楽しめる折り畳み式スマホの需要は増えそうだ。

ソース:http://www.sankei.com/smp/economy/news/171030/ecn1710300003-s1.html

2017/10/20/ (金) | edit |

171020_iphonex_01.jpg
ソフトバンクは10月20日、11月3日に発売予定の「iPhone X(テン)」の価格を発表した。一括購入した場合、64Gバイトモデルは13万1040円で、256Gバイトモデルは14万9280円となる。

ソース:https://japan.cnet.com/article/35109128/

2017/10/19/ (木) | edit |

AS20171018001538_comm.jpg
NTTドコモは18日、画面が二つある折りたたみ式スマートフォン「M」(ZTE製)など計13の新機種を発表した。2画面のスマホの発売は、2013年の「メディアスW」以来2回目。発売は来年1月以降で価格は未定。

ソース:http://www.asahi.com/articles/ASKBL36TMKBLULFA003.html

2017/10/19/ (木) | edit |

logo_apple.jpg
かつては新製品を発売するたび消費者を熱狂させてきたアップルだが、ここ数年はその栄光に翳りがさしている。9月に発売された「iPhone8」もそうだ。アップルの新型スマートフォンの発売日につきものだった行列もめっきり減って、いまでは多くの店で客よりスタッフが多いほどだ。

ソース:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171018-00010005-newsweek-int

2017/09/17/ (日) | edit |

002__zenfone.jpg
2017年9月15日,ASUSTeK Computer(以下,ASUS)は,Androidスマートフォンの新製品「ZenFone 4」(型番:ZE554KL)「ZenFone 4 Pro」(型番:ZS551KL)「ZenFone 4 Selfie Pro」(型番:ZD552KL)を国内発売すると発表した。

ソース:http://www.4gamer.net/games/303/G030383/20170914083/

2017/09/15/ (金) | edit |

logo_apple.jpg
「アップル『iPhoneX』の販売価格と供給量は有機ELを単独供給するサムスンディスプレーにかかっている」。台湾KGI証券アナリストのミンチ・クオ氏が7日に配布した報告書の要旨だ。サムスンディスプレーがどの程度の価格でどれだけ多くの有機ELディスプレーを供給するかによりiPhoneXの販売が大きな影響を受けるという分析だ。

ソース:http://japanese.joins.com/article/416/233416.html

おすすめ新着記事!!

政経chの全記事一覧はこちらになります
アクセスランキング ブログパーツ