2018/08/15/ (水) | edit |

016d33e90c02c16cb6b8 ファーウェイ 中国のスマートフォンメーカー、華為技術(ファーウェイ)の消費者部門の責任者、余承東氏は3日、2019年末までにスマホ市場でトップになると表明した。同社は4~6月期の出荷台数で初めて米アップルを抜き、韓国のサムスン電子に次ぐ2位に躍り出たばかりだ。

ソース:http://www.sankeibiz.jp/business/news/180815/bsj1808150606003-n1.htm

2018/08/07/ (火) | edit |

sony ロゴ ファーウェイに押されるサムスン

モバイル事業の営業利益は昨年同期比で34%も落ち込んでいる。サムスン電子ではフラグシップモデルであるGalaxy S9が販売目標に届かず、販促費もかさんだことが要因と説明しているという。

ソース:http://ascii.jp/elem/000/001/721/1721190/

2018/08/04/ (土) | edit |

P8020547.jpg ■我々はもともと導入するつもりもなかった

NTTドコモの吉澤和弘社長は8月2日、au・ソフトバンクの『4年縛り』について「お客様をあまりにも拘束しすぎる」と批判しました。

ソース:https://japanese.engadget.com/2018/08/02/au-4/

2018/08/04/ (土) | edit |

a01_mスマホ 調査会社のIDCが2018年第2四半期(Q2:4月から6月)における、スマートフォンの世界シェアを発表しました。中国のHuaweiが四半期ベースでAppleを抜いて世界第2位に躍り出ています。

ソース:https://gigazine.net/news/20180801-huawei-win-apple-share/

2018/08/02/ (木) | edit |

docomo_ドコモ NTTドコモは、携帯電話会社の切り替えを難しくしているとして批判が出ているスマートフォンなどのいわゆる“2年縛り”について、一部を見直し解約金がかからない契約の更新期間を3か月間に広げることを明らかにしました。これは、2日にNTTドコモの吉澤和弘社長が記者会見で明らかにしたものです。

ソース:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180802/k10011560921000.html

2018/08/02/ (木) | edit |

logo_apple.jpg
【8月1日 AFP】 2018年4~6月期のスマートフォン出荷台数で、米アップル(Apple)が中国の華為技術(ファーウェイ、Huawei)に抜かれ3位となった。米市場調査会社のIDCが7月31日、明らかにした。ただ、アップルは4~6月期決算で増収増益となり、株価の時価総額は1兆ドル(110兆円)に近づいた。

ソース:http://www.afpbb.com/articles/-/3184559?cx_part=top_latest

2018/07/16/ (月) | edit |

201807121636_1.jpg
2017年のAndroid搭載スマートフォン年間販売台数No.1メーカーだったシャープが、18年上半期(1月~6月)も首位をキープした。全国の家電量販店の実売データを集計した「BCNランキング」によると、シェアは25.9%。2位のソニーモバイルコミュニケーションズに6.1ポイントの差をつけて、トップに立っている。

ソース:https://www.bcnretail.com/market/detail/20180713_74690.html

2018/07/15/ (日) | edit |

8788fa24ea1c91b96602c6c5911c9b00スマホ
NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクの携帯大手3社が、スマートフォン(スマホ)などの通信契約を結ぶ際に行っている、いわゆる「2年縛り」を一斉に見直す。総務省の行政指導を受け、利用者が契約満了後に追加料金なしで解約できるようにする。傘下の格安ブランドを含めて年度内に対応する。利用者にとってはスマホの選択肢が広がる契機になりそうだ。

ソース:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO33015890U8A710C1MM8000/

2018/07/12/ (木) | edit |

docomo_ドコモ NTTドコモ “2年縛り”内容を見直す方針

NTTドコモの吉澤和弘社長はスマートフォンなどのいわゆる“2年縛り”の内容を見直す方針を明らかにしました。

ソース:NHK NEWS WEB

2018/07/02/ (月) | edit |

8788fa24ea1c91b96602c6c5911c9b00スマホ
格安スマートフォン(スマホ)各社が米アップルのスマホ「iPhone」の中古品入手に躍起になっている。iPhoneは日本のスマホ市場の約5割を占めており、顧客の獲得には必須だ。大手キャリアが新品を独占的に販売するなか、格安勢がこぞって頼るのが中古品。iPhoneの有無が競争力に直結するだけに、奪い合いの様相も呈してきた。

ソース:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO32427780Z20C18A6X11000/

2018/06/24/ (日) | edit |

8788fa24ea1c91b96602c6c5911c9b00スマホ
2018年6月22日、総務省が、電気通信サービスの契約数(2018年3月末)を公表しました。移動系通信(携帯電話、PHS、BWA)の契約数は、前年比3.4%増の1億7357万件。このうち、携帯電話の契約数は、前年比4.1%増の1億7009万件。

ソース:https://qnew-news.net/news/2018-6/2018062204.html

2018/06/23/ (土) | edit |

8788fa24ea1c91b96602c6c5911c9b00スマホ
一部の大手携帯電話会社がスマートフォンを4年間の分割払いで販売して、契約の継続を促すいわゆる「4年縛り」について、公正取引委員会は顧客の囲い込みにつながり、「独占禁止法上、問題となるおそれがある」として是正を促す方針です。

ソース:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180622/k10011490211000.html

2018/06/15/ (金) | edit |

8788fa24ea1c91b96602c6c5911c9b00スマホ
二次元バーコード「QRコード」や非接触ICを使ったスマートフォン決済の利用者が、16.9%だったことがMMD研究所のスマートフォン決済の利用動向調査でわかった。スマホ決済の導入を発表する企業が相次ぎ、政府もキャッシュレス決済を後押しする中、現状の国内普及率の低さが改めて浮き彫りになった。

ソース:https://www.sankeibiz.jp/business/news/180614/bsj1806140814005-n1.htm

2018/06/09/ (土) | edit |

MMD-SIM-2.jpg MMD研究所は、大手3キャリアのスマートフォンを所有していて、2019年4月までの1年以内に格安SIMへの乗り換えを検討している15歳~70歳を対象とした「大手3キャリアユーザーの格安SIM検討サービス調査」の結果を発表しました。

ソース:https://iphone-mania.jp/news-214886/

2018/05/24/ (木) | edit |

sony ロゴ
ソニーの吉田社長が4月の新経営体制発足後、初の中期経営計画を発表した。主力の家庭用ゲーム機「プレイステーション4」を使ったネット配信の強化や、映画や音楽の知的財産を使い安定的に収益を伸ばすのが柱となる。

ソース:https://www.sankeibiz.jp/business/news/180523/bsb1805230615003-n1.htm

2018/05/23/ (水) | edit |

10032912432サムスンロゴ
中国における携帯電話の変遷は実に目まぐるしい。当初は欧米勢がほとんど市場を独占していたが、そこに割り込んできたのがサムスン電子などの韓国勢だった。しかし韓国勢の優勢も三日天下に終わり、中国の国産メーカーがいつのまにか市場を圧倒してしまった。

ソース:https://www.sankeibiz.jp/macro/news/180522/mcb1805220500005-n1.htm

2018/05/21/ (月) | edit |

2l3I8b0.png ◆スマホ、「シャープ好調・ソニー不振」のワケ

米アップルの「iPhone」に席巻され、1社、また1社と撤退していく日系のスマートフォンメーカー。かつては十数社が事業を展開していたが、今やソニー、シャープ、京セラの3社にまで減った。その中でシャープが意外な躍進ぶりを見せている。

ソース:https://toyokeizai.net/articles/-/221389

2018/05/14/ (月) | edit |

asa_MM_01.jpg
MM総研は、5月10日に2017年度通期(2017年4月~2018年3月)の国内携帯電話端末出荷概況を発表した。総出荷台数は前年度比2.7%増の3746万台で6年振りに増加。スマートフォンの出荷台数は8.1%増の3258万台となり、3000万台を超えて2年連続過去最高を記録。SIMロックフリースマートフォン出荷台数は11.9%増の315万台で、スマートフォン出荷台数に占めるSIMフリー比率は9.7%(前年度比0.4ポイント増)に拡大している。

ソース:http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1805/11/news133.html

2018/05/02/ (水) | edit |

10032912432サムスンロゴ
韓国サムスン電子が中国のスマートフォン事業で苦戦を強いられている。一時はシェアが20%近くに達し首位に立ったが、今では0%台に急低下。価格性能比の高さを前面に出した現地メーカーに押され、世界首位も中国では風前のともしびだ。中国当局主導の「嫌韓」に端を発した不買の影響だけでなく、技術優位性が薄れたことによる魅力のなさも要因だけに深刻だ。

ソース:http://www.sankei.com/economy/news/180424/ecn1804240046-n1.html

2018/04/27/ (金) | edit |

logo_apple.jpg 2018年のiPhoneにおける製品戦略が徐々にだが見えてきた。17年に市場投入された10周年記念モデル「iPhone X」の販売が振るわず、これまでの強気の価格設定も、一部見直しを迫られている。最重要課題ともいえた有機ELモデルの価格引き下げについても、肝心のパネルモジュールのコストダウンが難しく、コストパフォーマンスに優れた液晶モデルのウエイトが高まる見通しだ。

ソース:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180424-00005841-toushin-bus_all

2018/04/21/ (土) | edit |

OPPO_Logo_wiki ロゴ 「自撮り」が大人気の東南アジア市場で、中国製スマートフォンが存在感を強めている。鍵を握るのは、被写体を「とことん美しく」撮影できる機能。リードするのは自社製品を「カメラフォン」とまで呼ぶ世界5位のスマホメーカーOPPO(オッポ)だ。そのOPPOが日本市場を次の照準と定め、1月に参入した。

ソース:https://www.asahi.com/articles/ASL4H5KGHL4HUHBI01N.html

2018/04/17/ (火) | edit |

04_o xperia_ Xperiaもデュアルカメラ、ソニーが「Xperia XZ2 Premium」発表

ソニーモバイルコミュニケーションズは、Androidスマートフォンの新機種「Xperia XZ2 Premium」を発表した。今夏、グローバルで登場する予定だが、日本での取り扱いについては未定。

ソース:https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1117287.html

2018/04/11/ (水) | edit |

001-15________.jpg ドコモ、au、ソフトバンクの3キャリアが『LINE』に対抗するために新たなメッセージアプリ『+メッセージ』を5月9日より提供開始する。今までのSMSは最大全角70文字のテキストと絵文字を送受信が可能だったが、『+メッセージ』はドコモ、au、ソフトバンクの3キャリアであれば文字数を気にすること無く携帯電話番号宛でメッセージや画像、動画の送受信が可能となる(最大文字数2730文字)。

ソース:http://gogotsu.com/archives/39013

おすすめ新着記事!!

政経chの全記事一覧はこちらになります
アクセスランキング ブログパーツ