2018/10/09/ (火) | edit |

20181007124231koshihikari450.jpg 温暖化を背景に、全国でコメの高温耐性品種の導入が進んでいる。日本穀物検定協会による食味ランキングで最高評価「特A」の常連だった丹後産コシヒカリも近年は夏の猛暑で苦戦が続く。京都府は昨年度から暑さに強い新品種の開発に乗り出した。試験栽培や食味検査をする京都府丹後農業研究所(京丹後市)の取り組みを追った。

ソース:https://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20181007000049

2018/05/31/ (木) | edit |

201805290002_000_m.jpg
「最近、福岡市内で売られているトマトの値段が下がっている。どうして?」。特命取材班に調査依頼が届いた。美容や健康に効果があるといわれるリコピンも豊富な夏野菜の代表選手。昨年は、東日本を中心とした天候不順でトマトを含む野菜の高値が続いたが、今季は何が起きているのか。

ソース:https://www.nishinippon.co.jp/nnp/anatoku/article/420339/

2018/05/19/ (土) | edit |

20180518-00010001-agrinews-001-1-view.jpg 畜産の現場で、労働力不足が深刻化している。特に、生乳生産量が全国の半分以上を占め生産の集中が進む北海道では、規模拡大で従業員を増やす酪農家が増加。人手不足に拍車が掛かっているとみられる。雇用動向を示す指標の一つである有効求人倍率を見ると、酪農や畜産などに従事する「養畜作業員」は2017年度、全国で「2・8」、北海道で「4・66」を記録した。

ソース:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180518-00010001-agrinews-soci&p=2

2018/05/02/ (水) | edit |

もやし
安売りの目玉商品とされ原料高騰などで厳しい経営環境にあえぐ、もやし業界。廃業が相次ぐ中、小規模生産者は深夜に作業して取れたての高品質なもやし作りで生き残りを懸ける。

ソース:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180501-00010001-agrinews-bus_all

2018/05/01/ (火) | edit |

kome.jpg 米(コメ)の値上がりが止まらない。消費者物価上昇率は日本銀行が目標に掲げる2%に満たず、「インフレ目標」が達成できてないのに、コメ(主食用)の価格は最近3年で3割も上昇した。その影響は家庭で食べるご飯だけでなく、牛丼の値上げや、値段を据え置くおにぎりや米菓でコメの分量を減らすなどの形で及んでいる。なぜコメは値上がりしているのか。

ソース:https://toyokeizai.net/articles/-/218648

2017/11/22/ (水) | edit |

fruit_apple.png
リンゴの主産地、青森県津軽地方一円で、労働力不足が深刻化している。葉取り、収穫などの繁忙期にはアルバイトを雇う農家も多いが、頼りにしていた人から高齢などを理由に断られると、なかなか次の人が集まらないのが現状という。リンゴの収穫作業を体験しながら、労働力不足を考えた。

ソース:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171121-21133635-webtoo-l02

2017/11/01/ (水) | edit |

moyasi_1_.jpeg
もやしの価格低迷と原料高騰で生産者が採算悪化にあえぐ中、一部のスーパーで値上げの動きが出始めた。報道やインターネットを通じて消費者の理解が広がったことを背景に、卸値と店頭価格とも値上げした形だ。

ソース:https://www.agrinews.co.jp/p42343.html

2017/07/30/ (日) | edit |

job_nouka.png
有効求人倍率がバブル期を超える高水準となる中、農業の生産現場でも労働力不足が深刻化している。職種別の有効求人倍率は右肩上がりで、他業種を上回る水準。担い手の規模拡大や農業法人の増加で雇用労働力を必要とする一方、全産業的な人手不足もあり、収穫期など短期アルバイトの確保も難しい。経営の維持・拡大にも支障が生じかねない状況だ。

ソース:http://www.agrinews.co.jp/p41491.html

2017/06/26/ (月) | edit |

経済ニュースロゴ
日本と欧州連合(EU)の経済連携協定(EPA)交渉の進展を受け、養豚農家が危機感を募らせている。国内では近年、流行した病気の影響などが尾を引き、ブランド産地でも生産基盤の弱体化が進む。豚肉輸出国を抱えるEUへの市場開放は、一層の離農を招きかねない。政府からの情報開示がないことも、不安を増幅させる。農家らは「安心して経営を続けられるようにしてほしい」と訴える。

ソース:https://www.agrinews.co.jp/p41212.html

2017/03/09/ (木) | edit |

job_nouka.png
【ロンドン時事】世界貿易機関(WTO)は8日、日本の貿易政策に関する審査報告書を公表し、農業分野について「過保護な状態が続いている」と懸念を表明した。具体的には、農産物の関税や価格支持策が「他の経済協力開発機構(OECD)諸国と比べ、高水準なままだ」と指摘しており、改善を求める圧力が強まりそうだ。

引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1488978619/
ソース:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170308-00000149-jij-int

2016/11/18/ (金) | edit |

経済ニュースロゴ
次世代型農業の象徴として、企業などから注目が集まる「植物工場」の4割以上が赤字に陥っている。設備や光熱費といったコスト高の影響で採算が見込めないことが一因だ。12月末に工場の閉鎖を決めた東芝(東京都港区)をはじめ、手企業の撤退も相次ぐ。担い手不足解消の切り札として政府は企業の農業参入を促そうと設置を支援するが、実態はどうなのか。国内最大規模の植物工場の今を見た。

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1479384219/
ソース:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161115-00010001-agrinews-bus_all

2016/08/16/ (火) | edit |

newspaper1.gif
全国農業協同組合連合会(JA全農)は15日、生産資材価格を引き下げる取り組みの第1弾として、韓国産肥料を一括輸入すると発表した。全農は7月、農業者の所得向上を目的として、肥料や農薬などの値下げ策を具体化する方針を示していた。

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1471264154/
ソース:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160815-00000206-jij-bus_all

2016/07/01/ (金) | edit |

illust2433_thumb.gif 農業に携わる農業就業人口(今年2月1日時点)が前年より8・3%少ない192万2200人と、200万人を初めて割り込んだ。高齢化や後継者不足が響いた。1990年に480万人いた農業就業人口は減り続けており、この10年で4割も減った。道内は9万4800人と、減少幅は1・9%にとどまった。大規模専業農家が多く新たに就農しやすい道内に比べ、道外の農業離れが深刻であることが改めて浮き彫りになった。

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1467341432/
ソース:http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/economy/agriculture/1-0288308.html

2016/02/18/ (木) | edit |

image61.jpg
「日本の農産物は安心・安全」。常識だと思っていたことが、海外ではまったく違う捉えられ方をしている。甘い安全基準が不安視されているのだという。東京五輪やTPPを控え、日本の農産物は大丈夫なのか?

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1455673863/
ソース:http://nikkan-spa.jp/1033141

2016/01/17/ (日) | edit |

lgi01a201412270200.jpg 記録的な暖冬で大豊作のキャベツが市場にあふれ、低価格に生産農家から悲鳴が上がっている。年間二十六万一千四百トン(国の二〇一三年度統計)の生産量を誇る、キャベツ日本一の愛知県。一月上旬の卸売価格は例年の三分の一から四分の一で、生産者の苦境は当面続きそうだ。

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1453021646/
ソース:http://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20160117/CK2016011702000048.html

2015/12/07/ (月) | edit |

item-0020.png 【ダイコン価格が暴落 自主廃棄の農家も】

鍋物やおでんに欠かせない秋冬ダイコンの市場価格が、全国的な出荷量の増加で値崩れを起こしている。原因は11月の記録的な暖かさと、平年を大幅に上回った降水量。急激に肥大したため、大きすぎて流通に適さないダイコンが続出。ダイコンの国指定産地、兵庫県たつの市御津町の「成山新田」では、自主廃棄する農家も出始めた。

引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1449466725/
ソース:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151207-00000006-kobenext-l28

2015/11/06/ (金) | edit |

PK2015110602100036_size0.jpg
TPP交渉の大筋合意を受け、農業関係者の内閣支持率が18%に落ち込んだことが、農業専門紙の日本農業新聞による意識調査で分かった。ほぼ同時期に行われた共同通信世論調査の内閣支持率の半分以下。大筋合意に対する農業者の反発の強さが鮮明になった。 (関口克己)

引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1446768740/
ソース:http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201511/CK2015110602000130.html

2015/10/10/ (土) | edit |

mikan-1.jpg
環太平洋連携協定(TPP)で合意された幅広い農水産品の関税撤廃が判明し、佐賀県内の農家に動揺が広がった。オレンジや牛内臓など県内への影響が懸念される品目もあり、関係者は「外国産に太刀打ちできないケースも出る」と危機感を募らせ、国の農業対策を注視する。1面参照 

引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1444461177/
ソース:http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10101/238168

2015/10/10/ (土) | edit |

img_1494303_65583824_0 安倍総裁
環太平洋経済連携協定(TPP)交渉の大筋合意を受け、政府は9日午前の閣議で全閣僚が参加するTPP総合対策本部の設置を決め、同日、初会合を開いた。安価な輸入品との競争にさらされる農業の強化策を中心に、年内にもTPP発効を見据えた「総合政策大綱」を策定する。

引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1444401716/
ソース:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151009-00050083-yom-bus_all

2015/10/06/ (火) | edit |

政治ニュース ロゴ【TPP大筋合意:「コメ聖域」何だった…農家困惑】

安倍晋三首相の交渉参加表明から約2年7カ月。日米など12カ国間で貿易や投資を高い水準で自由化する環太平洋パートナーシップ協定(TPP)が、各国の利害を巡る攻防の末、大筋合意に至った。「輸入品が安くなる」「農家が受ける打撃は大きい」。暮らしに大きく影響する可能性が高い枠組みに、期待と不安、困惑が交錯した。

引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1444091883/
ソース:http://mainichi.jp/select/news/20151006k0000m040112000c.html

2015/10/06/ (火) | edit |

540x360xIMG_0563-540x360pgpagespeedicPkN7hOQGKe.jpg 【「聖域」コメも市場開放=国内農業に影響不可避―TPP合意】

環太平洋連携協定(TPP)交渉の妥結で、国内の農産物市場の対外開放が一気に加速する。「聖域」に位置付けられたコメについても日本政府は、米国に無関税輸入枠を新設するなど大幅な譲歩を迫られた。海外産品との競争が激しくなる国内農家への打撃は避けられそうにない。

引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1444048755/
ソース:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151005-00000158-jij-pol

2015/10/05/ (月) | edit |

pastoral_a01.png 大筋合意の見通しとなったとはいえ、TPPのなし崩し的な交渉について、北海道の生産者からは不安や憤りの声が上がっています。北海道の試算によりますと、北海道内全体では、乳製品や牛肉などの関税撤廃による影響が1兆5000億円になるとみられています。国内最大の酪農地帯、別海町の乳業メーカーは、関税撤廃によって北海道の酪農は壊滅的な影響を受けるとみています。

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1444033697/
ソース:http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2605089.html

2015/08/29/ (土) | edit |

540x360xIMG_0561-540x360jpgpagespeedicl7LCo3QS5R.jpg
米離れが止まらない。米消費量がまた下がった。1人が1年に食べる量は55.2キロ(2014年度)。過去最低を更新し、食料自給率を押し下げた。ピーク時の半分である。人口減少に高齢化で細る胃袋を思えば先行きも暗い

引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1440728958/
ソース:http://www.agrinews.co.jp/modules/pico/index.php?content_id=34457

おすすめ新着記事!!

政経chの全記事一覧はこちらになります
アクセスランキング ブログパーツ