2010/03/07/ (日) | edit |

mac.png【マクドナルドの宣伝方法】

カナダのバンクーバーで先日まで行われていた冬季オリンピックでは、世界各地の選手団が同地域に集まり、様々な文化交流も行われた。当然、その地でビジネスを展開しているお店もここぞとばかりに、各国の選手団に向けた宣伝やアプローチをかけている。

◎ソース
http://news.livedoor.com/article/detail/4643370/

◎関連スレ
【話題/販促】キヤノンの新型レンズはコーヒーが飲める [03/05]
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1267784240/

スポンサード リンク


1 名前:ライトスタッフ◎φ ★:10/03/07 13:16 ID:???

カナダのバンクーバーで先日まで行われていた冬季オリンピックでは、世界各地の
選手団が同地域に集まり、様々な文化交流も行われた。当然、その地でビジネスを
展開しているお店もここぞとばかりに、各国の選手団に向けた宣伝やアプローチを
かけている。選手団員数そのものは少数だが、彼ら・彼女らが祖国に帰った後の
口コミ力は決して小さなものではないし、選手団へのプロモーション手法次第では
「それ自身」が喧伝され、効果の高い宣伝活動となるからだ。今回紹介するマクド
ナルドの宣伝方法もその一つで、地の利を活かしてロシアの伝統工芸を自社商品に
取り入れ、大きなインパクトを与えたものである。

バンクーバーオリンピックではロシアの選手団の拠点は、偶然にもマクドナルドの
フラグシップ店と通りを挟んで相対する場所にあった。当然多くの選手団、関係者が
利用することになる。マクドナルド側では彼ら・彼女らを歓待するために、今回の
「マトリョーシカパッケージによる無料サービス券の配布」を行った。

「マトリョーシカ人形」とはロシアの木彫りで出来た人形で、胴体部分で上下に
分割でき、中には少し小さな人形が入っているというもの。これが何回も繰り返される
入れ子構造になっているのが特徴で、ロシアの民芸品、土産物として知られている。

このビッグマックのパッケージだが、幾重にも重なって内側に配される箱を順番に
開けていくと、最後に出てくるのはキリル文字(ロシアの文字)で説明書きがされている、
ビッグマックの無料クーポン券。これを手にした人は、ロシアの「マトリョーシカ人形」
を想い起し、そして最後に「お宝」を手に入れるという仕組み。

「マトリョーシカ式無料クーポン券」は100セット用意され、同店舗に来訪したロシア
選手団関係者の「持ち帰りオーダー」の中に同梱させたり、ロシア選手団の施設内で
配られたという。

セットを買って、注文した覚えの無いパッケージが入っていることに気がついたロシ
ア選手団関係者は、「何かな、これ」とばかりに一番外側の箱を開けるだろう。すると
中には少々小さめの箱。クスッとばかりに微笑みながらパッケージを次々に開けていく
中で、自国の「マトリョーシカ人形」を想い起していく。最後に出てきた無料クーポン
券を手にしながら、マクドナルドが自分らを歓待していることに改めて気が付くに違い
ない。手間はかかるが、単に無料クーポン券を配布するより、何倍も何十倍も、彼ら
・彼女ら一人ひとりの記憶に刻まれることだろう。

他国向けへの応用は難しいのが残念だが、ちょっと粋なプロモーションとして、
微笑ましささえ感じてしまう手法といえよう。
gn-20100307-02.jpg


3 名前:名刺は切らしておりまして:10/03/07 13:21 ID:5nF2aJSM
資源の無駄


4 名前:名刺は切らしておりまして:10/03/07 13:21 ID:ySAvgtlh
嫌がらせと思ったに違いない。


5 名前:名刺は切らしておりまして:10/03/07 13:24 ID:1rlRXC+W
これは五輪憲章とやらは大丈夫なの?



7 名前:名刺は切らしておりまして:10/03/07 13:29 ID:T58pI4Ic
マトリョーシカとかけ離れすぎカナダ人の脳内って
こんな物なのか。


8 名前:名刺は切らしておりまして:10/03/07 13:51 ID:O4nKGwFd
いえ、これは日本電気の伝統ですがなにか

だれだよ、めんどくさいなんて言ってるのは
大馬鹿の知能障害者の創価学会かね
ああ、そうか
嘘化学会ね
電波飛ばし屋のね



10 名前:名刺は切らしておりまして:10/03/07 14:01 ID:qFdSceEm
よく分からんが、つまりロシアにはマックがあるけれど、あまり人気がないから
五輪で餌付け作戦ってこと?

もしくは、選手にマック食わせることで体調管理を狂わせて、
カナダに有利になるような作戦?



スポンサード リンク


関連記事
コメントありがとうございます!
[ 674758 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2014/02/13(Thu) 20:30
米国の研究者らは昨年、ロボ・ローチというプログラムを開発した。ゴキブリをサイボーグと化し、スマートフォンで遠隔操作できるようにする、というものだ。そのために、ゴキブリの背中にマイクロチップを取り付け、ヒゲにマイクロ電極を埋め込む。
日本の大阪大および東京農工大の研究者らは、ゴキブリの背中に取り付けた燃料エレメントによって充電する独創的な装置を開発した。

発電量は50マイクロワット。同じような方法でゴキブリ以外の昆虫(羽を生やした)も操作できる。長時間にわたり、到達困難地の情報収集などのミッションを遂行させられる。  

  
submit
誹謗中傷、差別、反社会的な内容、未成年に不適切なコメントなどはお控えください。
コメントスパム対策のため、きつめに禁止ワードを設定しております。
Comment:
 

トップへ戻る

アンテナさんからの人気、注目記事!!

track back
track back url
track back list
おすすめ新着記事!!

政経chの全記事一覧はこちらになります
アクセスランキング ブログパーツ