2015/11/12/ (木) | edit |

newspaper1.gif
防衛省が石川沖の日本海に広がる訓練空域「G空域」で来年度に、開発中の新型空対艦ミサイル「XASM3」の実射実験を検討していることが、航空自衛隊関係者への取材で分かった。G空域ではこれまでに二種類の空対艦ミサイルを開発最終段階で実射実験しており、来年度に実施されれば二十四年ぶりとなる。(谷大平)

引用元:http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1447323099/
ソース:http://www.chunichi.co.jp/hokuriku/article/news/CK2015111202100006.html

スポンサード リンク


1qQDmM1OH5Q46:2015/11/12(木)19:11:39 ID:???
防衛省が来年度

 防衛省が石川沖の日本海に広がる訓練空域「G空域」で来年度に、開発中の新型空対艦ミサイル「XASM3」の実射実験を検討していることが、航空自衛隊関係者への取材で分かった。G空域ではこれまでに二種類の空対艦ミサイルを開発最終段階で実射実験しており、来年度に実施されれば二十四年ぶりとなる。(谷大平)

 防衛省によると、XASM3は、二〇一〇年度に当時の同省技術研究本部(現・同省防衛装備庁)と三菱重工(東京都)が開発を始めた国産ミサイル。ロケットとターボジェットを組み合わせた「インテグラル・ロケット・ラムジェットエンジン」を搭載し、従来の空対艦ミサイルより推進速度が速いのが特徴。現在はエンジンの稼働や戦闘機搭載時の空気抵抗の影響を調べる試験を終え、試作品製造の最終段階を迎えている。

 元航空自衛官で軍事ジャーナリストの鍛冶俊樹さん(58)によると、XASM3は従来の空対艦ミサイルと比べて最高速度が三倍のマッハ3の超音速に達する。さらに海面に近い低空を飛ぶため撃墜するのは困難で、南シナ海への海洋進出を強める中国に対して「開発が完了すれば確実に抑止力になる」と指摘する。

続き 中日新聞
http://www.chunichi.co.jp/hokuriku/article/news/CK2015111202100006.html

◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 32◆◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1447275009/29
2名無しさん@おーぷん:2015/11/12(木)19:14:51 ID:Dgw
これ、アメリカですら嫌がってるらしいな
4名無しさん@おーぷん:2015/11/12(木)19:17:27 ID:Tyw
魚雷も対潜機雷も日本が世界最新鋭。
5名無しさん@おーぷん:2015/11/12(木)19:17:42 ID:q52
おさかなさ~ん にげて~~
10名無しさん@おーぷん:2015/11/12(木)19:53:42 ID:2sc
順調そうで何より!
13名無しさん@おーぷん:2015/11/12(木)20:24:29 ID:rxr
対馬沖とか礼文沖でもいいかもな

15名無しさん@おーぷん:2015/11/12(木)20:35:39 ID:R1v
これが例の最大マッハ5と言われてた対艦ミサイルか?
21名無しさん@おーぷん:2015/11/12(木)20:44:14 ID:DtI
>>15
マッハ3くらいらしい。

P-1で海面近い低空飛行やって敵艦のレーダー範囲外から発射、
超音速で飛行して敵艦を攻撃する。速いので相手が迎撃にかけられる時間は短い。
23名無しさん@おーぷん:2015/11/12(木)20:46:36 ID:DpE
>>21
日本は実際より少ない数値で発表する。
24名無しさん@おーぷん:2015/11/12(木)20:46:40 ID:R1v
>>21
見つけるまで大変、見つけてからも大変か
ミサイルの理想だな
22名無しさん@おーぷん:2015/11/12(木)20:45:22 ID:R1v
確か艦船による対艦ミサイル防御での
最終フェーズが着弾前30秒とどっかで見た覚えがあるが
この速さじゃ捕捉も困難だし、CIWSで落とせたとしても破片浴びて
上部構造逝く可能性があるな
25名無しさん@おーぷん:2015/11/12(木)20:48:03 ID:DpE
マッハ5は戦車砲弾と同じ速度。
秒速1500メートル。
対応する手段はない。
35名無しさん@おーぷん:2015/11/12(木)21:05:37 ID:R1v
アメリカですら嫌がるという理由がよくわかった
こんなの発射された時点で終わりだ
37名無しさん@おーぷん:2015/11/12(木)21:06:15 ID:DpE
デジタルが対応しても、メカニカルが対応する時間がない。
39名無しさん@おーぷん:2015/11/12(木)21:09:30 ID:TSI
抑止力になり改憲もいらず自衛隊員の命も守られる
反対する理由が無い
40名無しさん@おーぷん:2015/11/12(木)21:10:01 ID:3yL
流石にでか過ぎてF-35のウェポンベイには入りそうにないなw
F-2のお仕事やなぁ。まだまだ退役は出来んな。
42名無しさん@おーぷん:2015/11/12(木)21:12:16 ID:DpE
>>40
F-35Aには外付けでいいんだよ。
45名無しさん@おーぷん:2015/11/12(木)21:14:26 ID:DtI
>>42
外付けも米国に許可とって改修しないとできないだろう。
F-2の寿命延長かP-1搭載改修かしかない。
47名無しさん@おーぷん:2015/11/12(木)21:15:13 ID:DpE
>>45
確かに。
44名無しさん@おーぷん:2015/11/12(木)21:13:54 ID:R1v
離島にミサイル基地を建設して運用するという構想はないのか
46名無しさん@おーぷん:2015/11/12(木)21:14:29 ID:DpE
いい加減、対地ミサイルを持とうぜ。
50名無しさん@おーぷん:2015/11/12(木)21:21:34 ID:DpE
対地ミサイルもそうだが、なぜ対レーダーミサイルを持たないのか?
全く理解できん。
53名無しさん@おーぷん:2015/11/12(木)21:25:56 ID:R1v
>>50
対レーダーミサイル程度なら敵地攻撃というより
防衛行動の範疇として現行でもすぐに通せそうなものなのだが
54名無しさん@おーぷん:2015/11/12(木)21:26:47 ID:e8X
対レーダーと対軍事衛星の
攻撃能力は欲しいな


スポンサード リンク


関連記事
コメントありがとうございます!
[ 1304835 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2015/11/12(Thu) 21:43
一発だけなら誤射かもしれない、なあに、却って免疫が付く。サイレントマジョリティを考慮して、そう言えば最近の若者の鵜鶏化が気になるな 。  

  
[ 1304838 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2015/11/12(Thu) 21:47
そういえば、軍事衛星ってどうやって攻撃するんだろう?
マイクロ波で簡単に墜ちそうなイメージがあるけど  

  
[ 1304840 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2015/11/12(Thu) 21:47
これ退役軍艦に打ち込む奴?  

  
[ 1304842 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2015/11/12(Thu) 21:48
惑星探査船ハヤブサの技術応用していわゆる神の杖の実験もしよう  

  
[ 1304844 ] 名前: 名無しさん@ニュース2ch  2015/11/12(Thu) 21:52
隣の国がたけしまで演習してる時にやればすっごいいやみになるなww  

  
[ 1304846 ] 名前: さらば安倍よ  2015/11/12(Thu) 21:56
飛べギガント!超磁力兵器で世界の半分を一瞬にして壊滅させよ!  

  
[ 1304851 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2015/11/12(Thu) 21:58
Fー15の近代化改修で載せられるようになればいいんだけどねぇ  

  
[ 1304857 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2015/11/12(Thu) 22:05
アメリカが嫌がってるのは情報流出でミサイルの技術が中国とかに渡りそうだからじゃねえの、結構流出多いらしいね日本は  

  
[ 1304864 ] 名前: 名無しの准尉  2015/11/12(Thu) 22:12
敵は財務省のみ。太字の文  

  
[ 1304867 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2015/11/12(Thu) 22:16
怖すぎワロタ
こんなので飽和攻撃される奴は気の毒だな  

  
[ 1304874 ] 名前: 名無しさん@ニュース2ch  2015/11/12(Thu) 22:25
パッシブレーダーホーミングだから、対レーダーミサイルの機能もあるよ。

元記事くらい読みなよ…。  

  
[ 1304876 ] 名前: 名無しさん@ニュース2ch  2015/11/12(Thu) 22:26
地対艦ミサイルバージョンも希望です
どっちにしろ完全に「防衛・迎撃」のための兵器だから中日も朝日も叩けないよなぁ
昔、社会党は「日本はミサイルで防衛してハリネズミにすればいい」とか言ってたしな  

  
[ 1304878 ] 名前: 名無しさん@ニュース2ch  2015/11/12(Thu) 22:28
こういうのは射程距離が大事
中距離? 中距離なら改良して艦対艦にも改良できそうだな。
長距離の超高速ミサイルを開発して欲しいね。雑魚でなく敵の駆逐艦以上を狙うために  

  
[ 1304889 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2015/11/12(Thu) 22:37
艦船からは水平線の向こうは見えない。
ミサイルが見えた直後には命中なので、ほぼ回避不能。

※1304838
今は対策が進んだらしいけど中国が日米の衛星に対して、空気の薄い高地からレーザーで焙って熱で故障させたり、ハッキングで故障させた事はあるらしい。  

  
[ 1304891 ] 名前: へーへ  2015/11/12(Thu) 22:39
そうなんだ  

  
[ 1304916 ] 名前: agon  2015/11/12(Thu) 23:14
RCS値の低いステルス対艦ミサイルだから、レーダーでの索敵距離は短いらしいね。
そんなステルスミサイルが低空を飛んで突っ込む。回避はほぼ不可能と言う話。  

  
[ 1304917 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2015/11/12(Thu) 23:15
F2増産したくなるな。
ラインさえ残っていればなぁ。

ステルスバリバリのF3作る前にF2.5見たいミサイルキャリアメインの対艦番長2開発して経験値積んだりできんかね。
予算の事かんがえるとあり得んだろうけど。  

  
[ 1304922 ] 名前: 名無しさん@ニュース2ch  2015/11/12(Thu) 23:18
F35関しては、イギリスと組んでASM3の使用を進める予定でしょ?
F15は制空権とる為の空戦用なのに対艦ミサイル搭載してどうすんの?
F15は近代化してAAM4搭載機を増やして欲しいよね。
とりあえずASM3は完成してもF2専用だね~^^  

  
[ 1304938 ] 名前: 名無しさん@ニュース2ch  2015/11/12(Thu) 23:42
>対地ミサイルもそうだが、なぜ対レーダーミサイルを持たないのか?
全く理解できん。

取説の最後にこんな項目あったりして。
「↓←↑→AABABBで対地モード、→↑←↓ABABAAで対レーダーモードに変更できます。」
  

  
[ 1304943 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2015/11/12(Thu) 23:45
TPP不参加=日米安保に支障? 日本の防衛問題とその嘘
ttp://ooruri777.seesaa.net/article/232643231.html

【TPP】魔の取引24分野
ttp://blogs.yahoo.co.jp/saki_happy_life777/38247092.html

TPP関連及び反日工作まとめ TPPの21分野 ビザ緩和等
ttp://www.logsoku.com/r/2ch.sc/europa/1437999235/  

  
[ 1304979 ] 名前: 名無し  2015/11/13(Fri) 00:25
日本ってロケットとかミサイルの技術も高いよな
今のところこのミサイルより良い性能のミサイルなんかないんじゃないか?
そりゃ嫌がられるわ  

  
[ 1305032 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2015/11/13(Fri) 02:05
隣国には20年は真似のできない超ハイテク技術でアメリカさえも日本のポチになるのよ(主従関係逆転♪)  

  
[ 1305114 ] 名前: ゆとりある名無し  2015/11/13(Fri) 06:47
P1からじゃまともに撃てねーよ
F-2のアフターバーナー全開での投射が前提になってマッハ3とその射程を出してんだから  

  
[ 1305302 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2015/11/13(Fri) 11:10
1304889
外患罪の案件になるんじゃね?攻撃されたんだから  

  
[ 1305843 ] 名前: @政経ch.に。  2015/11/13(Fri) 23:20
最終的目的は
如何に日本の都市を狙っている
中国(ss20系)、北朝鮮(労働)の戦域「核」ミサイルを
日本の通常兵器で無力化するかの戦い
此れが出来れば中共の政治的優位も無くなる。
宇宙監視システムと情報ネットワーク、高精度ミサイル、戦艦、潜水艦、軍用機と国家安全保障法令は必要。
軍事攻撃型衛星に局地攻撃型ミサイルを搭載出来れば簡単かも、
レーザービーム兵器が実用化できれば尚好い。  

  
submit
誹謗中傷、差別、反社会的な内容、未成年に不適切なコメントなどはお控えください。
コメントスパム対策のため、きつめに禁止ワードを設定しております。
Comment:
 

Powered By 我RSS

トップへ戻る

アンテナさんからの人気、注目記事!!

おすすめ新着記事!!

政経chの全記事一覧はこちらになります
アクセスランキング ブログパーツ