2016/01/28/ (木) | edit |

startrekstyle1.jpg
ケーブルも電波も使わずに量子の“もつれ”状態を利用して情報伝達を行う「量子テレポーテーション」――。人類にとって夢のコミュニケーション手段だが、この技術を用いて我々人間のような有機生物の“中身”を転送できる可能性が見えてきたというから驚きだ。まさに海外ドラマ『スタートレック』で使われている“転送装置”が実現する日も近いのだろうか。

引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1453904843/
ソース:http://tocana.jp/2016/01/post_8643_entry.html

スポンサード リンク


1 名前:ニライカナイφ ★:2016/01/27(水) 23:27:23.82 ID:CAP_USER*.net
◆「人間の転送装置」が実現する日も近い? 微生物の
テレポーテーション実験が本格化、驚愕の実験内容とは?

ケーブルも電波も使わずに量子の“もつれ”状態を利用して情報伝達を行う「量子テレポーテーション」――。人類にとって夢のコミュニケーション手段だが、この技術を用いて我々人間のような有機生物の“中身”を転送できる可能性が見えてきたというから驚きだ。まさに海外ドラマ『スタートレック』で使われている“転送装置”が実現する日も近いのだろうか。

■有機生物の“中身”をテレポーテーションする

量子力学の実用化の試みは、昨今目覚しい発展を遂げている。2014年にNASAのJPL(ジェット推進研究所)、NIST(アメリカ国立標準技術研究所)、スイス・ジュネーブ大学などの物理学者からなる研究チームが、光ファイバーを用いてこれまでの「量子テレポーテーション」最長記録を大幅に更新する25kmの隔離に成功したのもつかの間、2015年11月にはNTT物性科学基礎研究所の武居弘樹氏が主導する研究チームが、およそ100kmの距離で成功し、世界記録を塗り替えた。

これまでのニュートン力学や、アインシュタインの理論による理解の範囲を超えた量子論だが、研究と実用化の試みは着々と進められている。その中でも、米・インディアナ州パデュー大学のトンカン・リィ教授と、中国・清華大学のツァン・クィ・イン博士が共同で行っている実験は、ひときわ斬新で奇妙なものである。それというのも、微生物を量子テレポーションで瞬間移動させようという前代未聞の実験なのだ。ということは、もしこの実験が成功したとするなら、いずれ我々の肉体を瞬間移動させることができる“転送装置”が現実のものになるかもしれないのだ。

だが気を急いてはいけないようだ。現状では有機生物の“中身”をテレポーテーションすることがまずは試みられている。しかし、そんなことが可能なのか?

■量子的重ね合わせの状態をつくりだす


実験のカギを握るのは、テレポーテーションさせようとする有機体を、量子的重ね合わせという状態におくことである。では、この量子的重ね合わせとはどんな状態なのか?これを説明するためには、前世紀の初旬にまでさかのぼることになる。それは以前トカナでも紹介しているが、オーストリア人物理学者のエルヴィン・シュレーディンガーが1935年に行った思考実験「シュレーディンガーの猫」のことだ。

ここでは詳しい説明は避けるが、わかりやすく手短にいってしまえば、「シュレーディンガーの猫」とは確率50%で生死の境目にいる箱の中の猫のことだ。青酸ガスを仕掛けた箱に入れられた猫が、一定の時間が経過した後に、はたして生きているのか死んでいるのか、当然のことながら箱を開けてみるまでわからない。これを量子論では“観察”することで猫の生死が決定されると解釈するのだ。つまり、開ける前の箱の中にいる猫は生きてもいるし、死んでもいるという2つの可能性が共存した存在なのである。そしてこの状態こそが、量子的重ね合わせの状態なのだ。

リィ教授らは、有機体がテレポーテーションをするには、まずこの量子的重ね合わせの状態にしなくてはならないと考えている。しかし、思考実験の中の話ではなく有機体を実際に量子的重ね合わせの状態にするには、一体どうすればよいのだろうか。

■記憶などの情報が離れた有機体の間でテレポートできるようになる


リィ教授らによれば、有機体を量子的重ね合わせの状態にするには、まず冷凍状態にしなければならないという。冷凍にすることで有機体内の化学的活動とエネルギー消費、外界との相互干渉がなくなり、いわば物質化する。実験では、テレポーテーションさせる有機体を微生物に設定していることから、まずはこの微生物を冷凍状態にするのである。

写真:startrekstyle1.JPG「Daily Mail」より

startrekstyle1.jpg

TOCANA 2016/01/25
http://tocana.jp/2016/01/post_8643_entry.html
http://tocana.jp/2016/01/post_8643_entry_2.html
http://tocana.jp/2016/01/post_8643_entry_3.html

>>2以降へ続きます。
2 名前:ニライカナイφ ★:2016/01/27(水) 23:27:39.59 ID:CAP_USER*.net
>>1の続きです。

次に、この冷凍した微生物を、電動で細かく振動する薄い皮膜の上に配置する。イメージとしては、叩いた時の太鼓の張り皮のように薄皮が細かく振動している状態だ。こうして振動する皮膜の上に置かれた冷凍の微生物は、量子的重ね合わせの状態になるとリィ博士らは主張している。

実際にコロラド大学の研究開発チームは2年前に、アルミニウム製の振動する皮膜を開発し、マイクロ波光子を量子的重ね合わせの状態にして維持することに成功しているということだ。

そしてこの冷凍した微生物と振動する“太鼓”を2セット用意し、その間を超伝導回路で結ぶと、2つの微生物の“中身”はまったく同じものになるというのだ。つまり一方の“中身”が他方へテレポートし、同じ内部状態の微生物が別々の場所に同時に存在することになるのである。

テレポートする“中身”といっても内臓や体液などではなく、今のところは“情報”だけである。たとえば記憶や感情などが離れた有機体の間でテレポートできるのではないかと考えられているのだ。「Daily Mail」の取材に応えたリィ教授は、次のように胸を張る。

「我々は、2つの微生物が同時に存在できる方法を真正面から提案しました。そして将来、量子的重ね合わせの状態の微生物がテレポートできる青写真を描いてみせたのです」

もちろんこの研究の最終目標は、人間を含む生物のテレポーテーションであることは間違いない。まさに『スタートレック』の“転送装置”の実現である。量子テレポーテーションについては、まずはインターネット網に代わる量子ネットワークの実用化が先決だと思っていたが、意外にも早く“転送装置”の可能性が見えてきたことになる。

しかし微生物ならともかく、人間の場合は冷凍後に蘇生できる技術が確立されていないため、まだまだ課題は山積みだろう。それでも、まったくのSF的な夢物語と考えられていたテレポーテーション実現の糸口が見つかったことには驚くばかりだ。実用化は遠い将来のことではあるが、今後の研究に期待したい。

※以上です。
5 名前:名無しさん@1周年:2016/01/27(水) 23:28:56.30 ID:N2y3YnSL0.net
ちょっとハエ仕込んでくる
7 名前:名無しさん@1周年:2016/01/27(水) 23:29:07.15 ID:Odr5lakH0.net
ハエと同化してしまいそうで嫌だな
13 名前:名無しさん@1周年:2016/01/27(水) 23:30:33.59 ID:8LVTwQlw0.net
移動中って意志はどっちにあるんだろうな
19 名前:名無しさん@1周年:2016/01/27(水) 23:31:49.00 ID:cvvki8sW0.net
テレポーテーションはありまぁす
41 名前:名無しさん@1周年:2016/01/27(水) 23:37:25.07 ID:UrSUzAXu0.net
記憶だけ送られても困るよな
43 名前:名無しさん@1周年:2016/01/27(水) 23:37:48.54 ID:FEMmL0twO.net
機関の時間転移実験か!
61 名前:名無しさん@1周年:2016/01/27(水) 23:44:11.25 ID:WNkrwTs00.net
ゲルバナになっちゃうからパス!
88 名前:名無しさん@1周年:2016/01/27(水) 23:55:38.33 ID:A8BZJGXs0.net
ハエと合体するのが落ちだわ

108 名前:名無しさん@1周年:2016/01/28(木) 00:00:06.95 ID:ctqPiYA70.net
要するに宝くじは新聞を見るまではアタリ・ハズレが
確定していないってそんな話をもとにした理論なのか?
宝くじを買った奴がいてもいなくてもハズレくじはハズレくじだろ。
129 名前:名無しさん@1周年:2016/01/28(木) 00:09:57.12 ID:4N+NRY9p0.net
どこでもドアはまだまだ先か
131 名前:名無しさん@1周年:2016/01/28(木) 00:10:17.53 ID:4xB9WN7x0.net
移動転送じゃなくコピーだな
158 名前:名無しさん@1周年:2016/01/28(木) 00:25:37.26 ID:x6fdBmKq0.net
こういうのを見るとザフライは優秀な作品だったな
多くの人に転移装置の仕組みと不可能さを教えてくれた
238 名前:名無しさん@1周年:2016/01/28(木) 01:04:48.38 ID:SRG519WY0.net
ハエと融合する未来しか見えない
257 名前:名無しさん@1周年:2016/01/28(木) 01:31:15.34 ID:6cHX4k1c0.net
つまりどういう事だってばよ…
260 名前:名無しさん@1周年:2016/01/28(木) 01:36:09.59 ID:zi0AOG/e0.net
>>257
テレポーテーションというよりコピーっぽい
258 名前:名無しさん@1周年:2016/01/28(木) 01:33:10.27 ID:NAMo6MXdO.net
ハエか
261 名前:名無しさん@1周年:2016/01/28(木) 01:37:00.74 ID:qQ3jjsk80.net
全く成功するイメージが湧かない。


スポンサード リンク


関連記事
コメントありがとうございます!
[ 1367148 ] 名前: 名無しさん  2016/01/28(Thu) 06:28
量子力学はワカラン、まだ空想上のモノだとか思ってる連中多いけど、
既にPCやDVDは量子力学あっての技術なんだよなぁ  

  
[ 1367155 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2016/01/28(Thu) 06:37
>>冷凍した微生物を、電動で細かく振動する薄い皮膜の上に配置する。イメージとしては、叩いた時の太鼓の張り皮のように薄皮が細かく振動している状態だ。
>>こうして振動する皮膜の上に置かれた冷凍の微生物は、量子的重ね合わせの状態になるとリィ博士らは主張している。

リィ博士による
偏差値30未満のFラン理系が行うような断定
ほんすこ  

  
[ 1367156 ] 名前: 名無しさん@ニュース2ch  2016/01/28(Thu) 06:47
これ転送ではなく単にコピーしてるだけだからね  

  
[ 1367160 ] 名前: ナナシ  2016/01/28(Thu) 06:56
以上です 編集長  

  
[ 1367164 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2016/01/28(Thu) 07:10
この方法で転送を完了するにはコピーの後にオリジナルを殺さなきゃいけないな
つか転送じゃねぇ  

  
[ 1367165 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2016/01/28(Thu) 07:13
ドメル「試作機は未だか?」  

  
[ 1367166 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2016/01/28(Thu) 07:15
通信には使えそうだよね。  

  
[ 1367170 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2016/01/28(Thu) 07:24
全身義体+FAXみたいなもんだろw
こんなんテレポとは違うわ。  

  
[ 1367171 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2016/01/28(Thu) 07:27
コピペみたいなものか  

  
[ 1367190 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2016/01/28(Thu) 07:55
カバディをやってる人達は量子的重の状態にあるならば
あるいはカバディしながらテレポートが可能になるのかもしれない。(違
  

  
[ 1367192 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2016/01/28(Thu) 08:01
Beam me up, Scotty. が可能になるとは夢が広がるな。
Hello, Computer. はほぼ実用化しつつあるからな。
Hot coffee, black, double sweet. のほうが先に出来そうではあるが。  

  
[ 1367195 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2016/01/28(Thu) 08:06
ようは、この技術の「再構成」って部分を取り出せば、
Replicators が作れるってことだ。(再生機側に「原料」を必要としないレベル)
まあ遺伝子組み換え食品と同じ扱いになる気はするが。  

  
[ 1367203 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2016/01/28(Thu) 08:18
シュレディンガーさんは「ほら、こんなの現実的に考えてあり得ないだろ?」と説明するために箱や猫の喩えを出したのに、まるっきり逆になっててかわいそうだ  

  
[ 1367207 ] 名前: 芸ニューの名無し  2016/01/28(Thu) 08:21
ようするに、オリジナルと同じものが出来る3Dプリンターでしょ。
子供がいない夫婦や、出来のいい子を育てたい夫婦、パートナーに縁がない独身者にはいいんじゃねーの。  

  
[ 1367213 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2016/01/28(Thu) 08:29
いいのかな?
南京のウソや、慰安婦のウソや、あれやこれや真実が解明されちゃうよんw?  

  
[ 1367248 ] 名前: 名無しさん@ニュース2ch  2016/01/28(Thu) 09:19
移動しています...
          彡 ノ  ヽ
        ノ          ミ
     ノノ             ヽ 彡
   〆⌒ ヽ彡             彡ミミミ
  (´・ω・`)              (´・ω・`)   

  
[ 1367257 ] 名前: 名無しさん@ニュース2ch  2016/01/28(Thu) 09:30
真に受けるとしてこれ現実世界で再構成しなくても情報として存在してけるとっかかりになるんじゃないの?  

  
[ 1367259 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2016/01/28(Thu) 09:33
安定のザ・フライ  

  
[ 1367291 ] 名前: ゆとりある名無し  2016/01/28(Thu) 10:32
いや、無機物転送だって十分だろ。流通革命が起きるわ  

  
[ 1367300 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2016/01/28(Thu) 10:40
プラナリヤを量産できるのか?
錬金術じゃね?  

  
[ 1367391 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2016/01/28(Thu) 13:14
何でこんなタイトルなんだ。どう見ても無生物用なのに。
それに物が移動するわけでもないんだろう?流通には使えない。
スパイ位しか用途はないだろう?中国らしいと言えばらしいが。  

  
[ 1367415 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2016/01/28(Thu) 14:03
自分とは別の肉体なり、入れ物が必要って事だろ
ザ・フライというよりマトリックスに近い
多重人格探偵サイコとか  

  
[ 1367425 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2016/01/28(Thu) 14:20
転送先に自分のクローンがあれば移動できるよ!!11!!1!
そう・・・(無関心)  

  
[ 1367502 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2016/01/28(Thu) 16:27
クローン生産装置として活用すれば食料問題は解決だな
なお材料は別途で要る模様  

  
[ 1367505 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2016/01/28(Thu) 16:31
いやさー。仮に実現出来たとしてもさー。これって離れた場所に記憶含めたクローン作って元の方殺してるだけなんだけど。そんなの瞬間移動と言っていいのだろうか。  

  
[ 1367507 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2016/01/28(Thu) 16:34
※1367391
情報の伝達手段の光速超えでしか無いから要するに宇宙開発とかIT用だぁね。宇宙開発にはとても有用だと思う。遅延なくロボット動かせるようになったら色々捗る。  

  
[ 1367511 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2016/01/28(Thu) 16:40
軍事的にも盗聴の心配が無い情報伝達手法として確立出来れば有用  

  
[ 1367552 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2016/01/28(Thu) 17:46
リイ教授も中国系だろ。
アメリカから見れば移民だよな。移民が生活保護受けずに
国益に貢献してるんじゃないか。  

  
[ 1367580 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2016/01/28(Thu) 18:33
アメリカは元から移民立国でしょ。  

  
[ 1367655 ] 名前: 名無し顔無し  2016/01/28(Thu) 20:05

SF短編で、転送元の機械の中に、情報を抜き取られた自分の死体が残る話があったな。
オチは「転送先の自分は本物なのか?」で終わり。

  

  
[ 1367874 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2016/01/29(Fri) 03:25
アメリカは元から移民立国でしょ。  

  
submit
誹謗中傷、差別、反社会的な内容、未成年に不適切なコメントなどはお控えください。
コメントスパム対策のため、きつめに禁止ワードを設定しております。
Comment:
 

トップへ戻る

アンテナさんからの人気、注目記事!!

おすすめ新着記事!!

政経chの全記事一覧はこちらになります
アクセスランキング ブログパーツ