2018/02/05/ (月) | edit |

book.png
読み終わった本は、古本屋に売るよりも「捨てる」べきなのか――そんな議論が、愛書家の間で盛り上がっている。「売らないね。そんなに高く買ってくれる本も持ってないし......紙のゴミの日に出すかなあ」――2018年1月30日のテレビ番組「セブンルール」(フジ系)でそんな「ルール」を語ったのは、三省堂書店の新井見枝香さんだ。

ソース:https://www.j-cast.com/2018/02/04320350.html?p=all

スポンサード リンク


1 名前:記憶たどり。 ★:2018/02/04(日) 12:55:53.99 ID:CAP_USER9
https://www.j-cast.com/2018/02/04320350.html?p=all

読み終わった本は、古本屋に売るよりも「捨てる」べきなのか――そんな議論が、愛書家の間で盛り上がっている。

「売らないね。そんなに高く買ってくれる本も持ってないし......紙のゴミの日に出すかなあ」――2018年1月30日のテレビ番組「セブンルール」(フジ系)でそんな「ルール」を語ったのは、三省堂書店の新井見枝香さんだ。

■オードリー若林も「捨てる」派

新井さんは、「プッシュする本は必ずヒットする」といわれるほどの目利きで知られる「カリスマ書店員」だ。番組がその働きぶりに密着する中で、新井さんの蔵書の扱いが話題に上った。

自宅の小さな書棚に積まれた本を、新井さんは数が貯まり次第「ゴミ」として処分しているという。「たぶん、読み終わったらいいんだろうね。中身が自分の中に入ればもういい、って感じだね」として、「もったいないとか思わない?」というスタッフの問いにも「思わない」と即答した。

スタジオでは、「読書芸人」と呼ばれるお笑いコンビ・オードリーの若林正恭さんが、「俺は同じで、新井さんと。捨てるんですよ」と新井さんに同意、その理由をこう語った。

“「古本屋に売るとその分、作家さんに入らないから」

一方、このポリシーをめぐっては他の読書好きと過去に「言い合い」になったそうで、相手からは「(古本で)その作家にハマったらずっと読むから、きっかけを古本屋は作るんだ」と反論されたという。しかしこの意見に、作家の本谷有希子さんは、

“「ただ、それがきっかけでハマった人は、またその人のを古本屋で買うよ」と冷ややかなコメントを。スタジオにはどっと笑いが広がった。

■古本屋と印税の問題はかねてから議論が

古本屋で書籍を購入しても、作者に印税などの収入が入らない――この問題は、以前から議論されてきた。特にブックオフなどのいわゆる「新古書店」が台頭した2000年代からは明確に「脅威」と認識され、著作者団体などが新古書店での取り扱い中止を求める声明を出したり、使用料の支払いなどが議論されたりしたこともあったが、20年近くが経った今も明確なルールは整っていない。

こうした背景もあり、ネット上では「捨てるべき」論に、賛同の声も多い。

■「古本文化」を愛する人からは反発も

もっとも、反発する声もある。古本屋、とひとくくりに言っても、新古書店と昔ながらの古書店では違いもあるし、すでに新品での入手が難しい本、あるいは将来難しくなってしまう本も。稀覯本を古本屋で探し求めるような、いわゆる「古本文化」に愛着を持つ人も少なくない。

ツイッターでは、
“「若林さん、古書店や絶版本の魅力を又吉さん(※ピースの又吉直樹さん)から聴いてないのかな」
「うわぁこれ作者側にはいいのかもだけど装丁とかの『本の作り手』には少々辛い『論』だな 私はもちろん捨てられない」
「仏教書買ってる人だと本捨てられるとかただでさえ少ないし頻繁に再版されないものもあるし」
「絶版、改訂前、初回限定版とかもあるから一概に古本屋に売る行為が否とは言えない」
「成る程一理ありやすな!ただ古書マニアになると、『現存する本が100冊未満』なんてレベルの本を持っている方も
多いから、おいそれと捨てられんのんですよねぇ」
などといった反論がみられる。

中には、「まだ手に入る本は売らないで捨てる。もう手に入らない本は捨てないで売る。それでいいのだ」と折衷案を提示する人もあった。

あなたはどちら派だろうか?
4 名前:名無しさん@1周年:2018/02/04(日) 12:58:08.71 ID:Ub625u/G0
全部デジタルになれば不要な議論
5 名前:名無しさん@1周年:2018/02/04(日) 12:58:42.42 ID:PlGLJaPJ0
立ち読み派。一番害悪だと思う
10 名前:名無しさん@1周年:2018/02/04(日) 12:59:50.22 ID:DGPf9yVR0
買い取り1冊10円になります
11 名前:名無しさん@1周年:2018/02/04(日) 13:00:06.55 ID:D0LPI29i0
古本は臭いから買わない
43 名前:名無しさん@1周年:2018/02/04(日) 13:07:41.06 ID:NeTETBet0
クラスの友人に回し読みして、その後に古本屋だろ

54 名前:名無しさん@1周年:2018/02/04(日) 13:09:02.70 ID:uNUjDQiw0
探してた絶版本を古本で見つけたときは
売りに出した人に感謝するわ。
古本屋に売るのは、文化の保護だと思う
67 名前:名無しさん@1周年:2018/02/04(日) 13:11:30.12 ID:RKhAs76R0
捨てるのめんどいときは古物商
売れそうなものはメルカリ
103 名前:名無しさん@1周年:2018/02/04(日) 13:16:31.28 ID:ey6ZKvTI0
すべて売れ
自分と読者のために
138 名前:名無しさん@1周年:2018/02/04(日) 13:20:59.52 ID:i0ru6nus0
売らないな
二束三文だから
142 名前:名無しさん@1周年:2018/02/04(日) 13:21:28.97 ID:nv22lEaU0
電子書籍で買えば解決
引用元:https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1517716553/



スポンサード リンク


関連記事
コメントありがとうございます!
[ 1991607 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2018/02/05(Mon) 06:36
間違いなく捨てるな、買取してもガソリン代にすらならない  

  
[ 1991614 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2018/02/05(Mon) 06:57
ゲームも売らないでくれ。
発売日の翌週から中古の方が流通が多くなる現実…。
  

  
[ 1991615 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2018/02/05(Mon) 06:58
「古本屋に売るとその分、作家さんに入らないから」



本やゲームは中古で買っちゃう事もあるけど、これは解るっちゃー解る  

  
[ 1991619 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2018/02/05(Mon) 07:14
派遣請負法 外国人研修生制度

を歴史どころか体験しても理解できない
阿.呆守

悪貨は良貨を駆逐する
(※法に恣意性、抜け穴がある場合に限り)  

  
[ 1991620 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2018/02/05(Mon) 07:16

ほらなあ?
著作権ヤクザがのさばると必ず中古売買を禁止させようと動いたよ
  

  
[ 1991622 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2018/02/05(Mon) 07:24
スレ内にもあるように、「この本が必要な人が現れるかも」と思って売るけど?
もしくは値打ちの分かる人に譲る  

  
[ 1991623 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2018/02/05(Mon) 07:27
お金ない時に古本屋のおかげで本読めたからな…
そういえば図書館に文句言ってる作家さんもいたな。
CDとかはどうなんだろ?BOOKOFFでめちゃ安く売ってるけどミュージシャンも怒ってんのかな、ゲームとかも  

  
[ 1991625 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2018/02/05(Mon) 07:33
昔、中古ゲームソフトの販売で裁判結果出てたよね……あくまで本は個人の所有物なんだから。

電子書籍を漫画村にコピーされるよりはマシだと思うで。
  

  
[ 1991627 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2018/02/05(Mon) 07:36
全ての本が定期的に再販され注文でいつでも購入できるのであればその考えでもいいんだが・・・
現実は刊行後10年も経てばまず書店で手に入らないから古本は重要
たまたま出会った古本からその作家を気に入って新刊購入という流れもあるし  

  
[ 1991631 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2018/02/05(Mon) 07:43
過去に絶版になった物も新品で何時でも安く販売し買える様にするのなら中古屋反対だけど、二度と手に入らないから中古屋は貴重なんだよ  

  
[ 1991632 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2018/02/05(Mon) 07:49
ここで貴重本の例を挙げる奴は解っててわざとなんだろうな

延々と描き続ける事ができる作家なら宣伝にもなるだろうけど、そうじゃない作家には利益減少間違いない

それにしても貧乏人の言い訳が凄い
良い悪いは知らん!俺が楽しめるならそれで構わん!ってそりゃ違法ダウンロードも増えるわな
  

  
[ 1991633 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2018/02/05(Mon) 07:57
漫画村の類いはなんとかしなきゃならないだろうね。  

  
[ 1991637 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2018/02/05(Mon) 08:05
作家の知り合いは捨てられたのを見るよりタダで勝手にネットに上げられる方が
脱力感が大きいと言ってたよ。捨てるのは少なくとも買ってくれているわけだから  

  
[ 1991638 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2018/02/05(Mon) 08:08
金をいくら持っていても販売していなければ買うことが出来ない
今はネットで検索して欲しい物が見つかっても今は絶版で買うことが出来ない
中古で何千~何万かけてCDを揃えているけど同じ値段でも良いから新品で再販してほしいと思う時もある
だから中古屋は貴重、昔は本も同じだったけど資料はネットで検索するし、それ以外の見たい本は電子書籍で買うからそれはどうでも良い
  

  
[ 1991639 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2018/02/05(Mon) 08:19
初版は売る。重版からは気にしない。  

  
[ 1991644 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2018/02/05(Mon) 08:39
全ての本が新品で手に入るわけではない。
古本でしか入手できない本の方が多い。
だから古本屋がないと困るわ。  

  
[ 1991663 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2018/02/05(Mon) 09:19
ダイナマ舞の古本が何万円もするんだよなぁ
国会図書館まで読みに行ったから交通費の2千円で済んだけど  

  
[ 1991665 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2018/02/05(Mon) 09:20
本を沢山読むし絶版本が多いから古本屋がありがたいよ  

  
[ 1991669 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2018/02/05(Mon) 09:32
漫画は古本屋に売っても二束三文だし
転売されないように頁破って古紙回収にだしてるわ  

  
[ 1991672 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2018/02/05(Mon) 09:35
こっちのまとめは詭弁少な目だけど多少はあるね。
手放さず持ち続けるほうが作家には嬉しいだろうけどそれができない事情があるのが前提だろってのと
流通で競合しない事情があるのなら問題にはならないわけで、問題にならない事例をあげても意味はない。  

  
[ 1991674 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2018/02/05(Mon) 09:36
新古書店が作家にとって脅威だというのはよく分かる
昔は古本屋ってのは普通に本屋さんで手に入らない本を探しに行くところだったけど、
新古書店は新品で買えるものを中古で安く探しにいくところだから
昔は作家が古本屋に文句出すどころか、むしろ古本屋に通いつめるような文学青年が作家になっていたのでは  

  
[ 1991676 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2018/02/05(Mon) 09:38
大工さんにお金が入らないから中古住宅販売禁止!
メーカーのお金が入らないから中古スマホ販売禁止!
全部同じじゃないのか  

  
[ 1991687 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2018/02/05(Mon) 09:54
漫画村定期  

  
[ 1991707 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2018/02/05(Mon) 10:18
その流れなら全ての中古品を対象にしないとフェアじゃないだろw
家電や車には特許が詰まってるんだぜ?
服やアクセ、鞄だってブランドで守られてんだし。
みな中古だと発明者、開発者に還元されないのは一緒だろ?
どんだけ「本」は特別  

  
[ 1991713 ] 名前: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん  2018/02/05(Mon) 10:24
古本屋に売られると、本の流通経路で金が回らないから刷っても売れないって認識なんだろう
pdfにして売れよ  

  
[ 1991732 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2018/02/05(Mon) 10:59
古本屋に売ると印税がー!
ってちゃうちゃう本屋と印刷屋が困るだけ、印税なんて値段の10%も行かない
日販が潰れるのはこまるけど、原因は流通、作成コスト工夫せずにきた
印刷、流通が一番わるい。そんでもうNET移行で作家はそっちで勝負してるよ
だいたいそんなこといったら図書館なんて悪の権化ってことになるだろ  

  
[ 1991735 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2018/02/05(Mon) 11:01
>>印税なんて値段の10%も行かない
>>作家はそっちで勝負してるよ
>>図書館なんて悪の権化ってことになるだろ

バカ過ぎワラタw  

  
[ 1991738 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2018/02/05(Mon) 11:11
つまり新品で買ってくれってこと?
じゃあすべての商品を定期的に再販してくれ
モノがなければ買うこともできん  

  
[ 1991740 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2018/02/05(Mon) 11:13
歌手は本来、聴衆の前で披露するもの(レコードやCDは言わば「楽」をしている、とそう考える)。
これをそのままこの件に当てはめれば、「なら、残らない形で提供しろ」ということになる。
自分の為だけに一冊作ってそれを自ら朗読して回ればいいんじゃないの?つまり現状は、「正規の海賊版」の大量販売ってことになる。

物という形で売って「楽」をしておきながら捨てさせようとするのはワガママが過ぎる、という雑感。  

  
[ 1991742 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2018/02/05(Mon) 11:22
前提からして頭おかしい雑感  

  
[ 1991873 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2018/02/05(Mon) 15:04
何年か前までは、最低価格が10円だったが

今じゃ、交通費さえも稼げない

一冊1円で買い取り、異常な値段で売る仕様  

  
[ 1991880 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2018/02/05(Mon) 15:08
ブックオフの買い取り価格に御不満な貴兄こそメルカリ・ヤフオクですよ
数百倍で売れますw  

  
[ 1991890 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2018/02/05(Mon) 15:22
売られるのは手元に置いておきたいと思われないレベルだからやし、中古で買われるのはそれでいいやレベルだからな
  

  
[ 1991913 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2018/02/05(Mon) 15:47
もう売るの止めたら?売った跡グチグチうるせーよ  

  
[ 1991918 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2018/02/05(Mon) 15:57
書店としては、新規の本が売れなけりゃ利益0だからな。
10年後の規模がどの程度あるか想像するだけで、、、
あー恐ろしや。
  

  
[ 1992040 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2018/02/05(Mon) 19:19
中古も海賊版、違法ダウンロードも作者に利益が渡らず本来製品を買ってくれたかもしれない客を食い潰すという意味では全く同じ行為。

時代に合わせて法律を見直す必要があるよ。
  

  
[ 1992060 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2018/02/05(Mon) 19:54
刷られた時点で印税は発生してるからあんまり関係ないと思うんだけど
オレもレア本以外は捨てるなあ
潰れた出版社の本なんかはさすがに中古市場に流すけど  

  
[ 1992209 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2018/02/05(Mon) 23:54
経済構造上の欠陥なんだけど誰も正そうとしない
正す知識を持ち合わせていない  

  
[ 1993201 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2018/02/07(Wed) 14:06
ワイは図書館に寄贈する派。
ブックオフに売ると運搬に労力を使ったのにめちゃくちゃ安い金額を提示されて嫌な気持ちになるから、嫌な気持ちになるくらいなら寄贈して自己満足することにした。
ヤフオクで売るとまとめて売れればいいけど、小分けになると手間がかかって、その時間で残業でもしたほうが儲かることに気がついてしまった。  

  
submit
誹謗中傷、差別、反社会的な内容、未成年に不適切なコメントなどはお控えください。
コメントスパム対策のため、きつめに禁止ワードを設定しております。
Comment:
 

Powered By 我RSS

トップへ戻る

アンテナさんからの人気、注目記事!!

おすすめ新着記事!!

政経chの全記事一覧はこちらになります
アクセスランキング ブログパーツ