2019/03/24/ (日) | edit |

inkan.png
書類手続きのデジタル化が進むなか、押印・捺印して提出する手間はペーパーレス化における大きな障壁となっています。そんななか、2019年度中の国会審議を目指していた会社登記の“印鑑レス化”が、6月26日(水)まで開かれている通常国会に提出されない見通しとなりました。

ソース:https://news.goo.ne.jp/topstories/life/146/68813925c65437e44aa3a32417876fc7.html

スポンサード リンク


1 名前:日本人 ★:2019/03/23(土) 22:45:47.93 ID:j6+3NiNQ9
https://news.goo.ne.jp/topstories/life/146/68813925c65437e44aa3a32417876fc7.html

書類手続きのデジタル化が進むなか、押印・捺印して提出する手間はペーパーレス化における大きな障壁となっています。そんななか、2019年度中の国会審議を目指していた会社登記の“印鑑レス化”が、6月26日(水)まで開かれている通常国会に提出されない見通しとなりました。

◆印章業界の反発 「売上補償を」

2018年、政府は「デジタル・ガバメント実行計画」を発表。計画では、政府・地方・民間すべての手続きの電子化を目指し、それによって国民・行政機関の双方の時間や手間、コストを削減できると見込んでいます。

しかし、印章業界はこれに反発。印鑑不要となる施策を「看過することはできない」と、政府に「『デジタル・ガバメント実行計画』に関する要望書」を提出しました。

要望書では、印章は欧米のサイン制度と違い「代理決裁できる」ことから、迅速な意思決定や決裁、さらには戦後の日本経済の急速な発展に「寄与してきたという自負」があると記されています。松浦さんは、「実際に、部下に(代理で印鑑を)押してもらうことで手続きが早くはなるが……」と理解を示しつつも、「民事訴訟法」第228条を紹介。

同条は“文書の成立”について定めたもの。第4項には、私文書について「本人又はその代理人の署名又は押印があるときは、真正に成立したものと推定する」と定められています。しかし、MCの堀潤は「代理で押印し、本人が『知らなかった』と言うこともできるのでは」とその真正性を疑問視。松浦さんも「後で誰が押したものなのかがわからず、揉めるケースもよくある」と同感の様子。

要望書には、具体的な要望として以下の4項目も記されています。

1. デジタル・ガバメント計画における印鑑不要の施策について、印章業界関係者を集めた説明会の開催
2. デジタル・ガバメント計画の「法人設立における印鑑届出の義務の廃止」の再考
3. 「民民手続きにおけるオンライン化の推進」の白紙撤回
4. 上記が実施されなかった際に、印章業界が被る被害に対する国の売上補償

松浦さんは4つ目の「印章業界が被る被害に対する国の売上補償」に言及。「確かに、縮小する業界に対して国が補償することはある。また、『その業界の人々をどうするんだ』という問題もある。しかし、そこも含めて社会をより良く変えていかなければならない」と意見を述べました。

◆「見ないで押す」から早い

松浦さんは、“印鑑レス化”による意識の変化について、2つのポイントにわけて解説します。

1つ目は「確実な記録(デジタル)を残す意識」。

松浦さんは、「サインと押印であれば、押印のほうが早いとは思う」としつつも、その早さは「さまざまな文書を、しっかりと見ないままにどんどん押していくためだ」と指摘。実際に、森友学園案件では、財務 省が決裁文書を精査しないまま決裁していたことが明らかに。また、宅配便などが自宅に届いた場合、本人以外の押印でも簡単に受け取れてしまうという現状も。

そのため、「プロセスを含めて、デジタルできっちり記録を残すことが重要」と強調する松浦さん。そして、デジタルサインを普及するためには「みんなの意識が変わっていかないといけない」とも。

2つ目は「手間(時間)を削る意識」。

松浦さんが勤めている会社の契約書なども、最近ではデジタルサインに変わってきていると言います。また、最近では、アドビシステムズが提供する「Adobe Sign」も普及。デジタル文書やデジタルサインによって、100%デジタルのワークフローを実現できることなどから、プロセスの高速化を見込めるとの見方もあります。

松浦さんは、「手続きにおける不必要な時間を短縮することも大事」と述べ、「これも、ある意味『働き方改革』の意識につながる」とポイントを説明しました。

ただし、「印鑑が全滅するべきという話ではない。見た目の素晴らしさや愛着などから、文化としての印鑑は残ってもいいのでは」と補足していました。
2 名前:名無しさん@1周年:2019/03/23(土) 22:46:24.43 ID:VUFLJDf00
あればキレイだけどね
10 名前:名無しさん@1周年:2019/03/23(土) 22:48:50.29 ID:OzGdJdu70
荷物受けとるとき便利
21 名前:名無しさん@1周年:2019/03/23(土) 22:52:13.00 ID:TX7jnoal0
いらね
25 名前:名無しさん@1周年:2019/03/23(土) 22:52:57.36 ID:8CZ1vZ6k0
公的書類からは廃止でいいよ。

29 名前:名無しさん@1周年:2019/03/23(土) 22:53:51.72 ID:z9/iWSKv0
サインだけでいいよね
印鑑とかいらないよ
43 名前:名無しさん@1周年:2019/03/23(土) 22:57:36.97 ID:DQwx6GMn0
割印は、海外はどうしてるんだろう?
66 名前:名無しさん@1周年:2019/03/23(土) 23:05:12.71 ID:IIT8rQfu0
印籠かと思った
76 名前:名無しさん@1周年:2019/03/23(土) 23:07:28.75 ID:49gellGK0
まあサインよりは好きだね。
86 名前:名無しさん@1周年:2019/03/23(土) 23:09:24.72 ID:tmC5ge0q0
花押を復活させたら楽しい
117 名前:名無しさん@1周年:2019/03/23(土) 23:17:37.99 ID:bHdBAmZy0
利権がうるさいだろうが
さっさと捨てるべき
こんな非効率的な事やってたら終わる
155 名前:名無しさん@1周年:2019/03/23(土) 23:24:57.46 ID:hXbOrhwN0
画数が多いとサインは割とめんどい
188 名前:名無しさん@1周年:2019/03/23(土) 23:34:54.45 ID:fTGeevNL0
要らんサインで良いだろ
214 名前:名無しさん@1周年:2019/03/23(土) 23:41:04.17 ID:9yMfIzng0
実印を作成するコストや
実印を登録したり、
印鑑証明が必要だったり
とても便利だったり
手続きが早くなるとは思えないけどね

むしろ悪用のリスクが無用に高いから
止めた方がいいよ
せめてサインとの併用化にして欲しい
引用元:https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1553348747/



スポンサード リンク


関連記事
コメントありがとうございます!
[ 2271096 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2019/03/24(Sun) 10:45
少なくとも役所の内部文書をいちいち印鑑押して手回しするのはやめろよ
今や無能な役職者が若手の仕事の邪魔するための手段にしかなってないだろ

判子押した奴がちゃんと責任取るってなら意味はあるが、日本の場合は判子押した奴が責任取らんからマジで意味がない
厚労省や文科省、お前らのことだよ  

  
[ 2271097 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2019/03/24(Sun) 10:45
<丶`∀´> そんな文化は破壊すべきニダ  

  
[ 2271101 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2019/03/24(Sun) 10:53
サインはどんな時でもまったく同じように書けるのが前提だからなー。俺は無理。欧米のようにものすごく崩して、原型もわからないような字体が認められたとしても、毎回同じものを書く自信がない。  

  
[ 2271104 ] 名前: 名無し  2019/03/24(Sun) 10:57
役所に提出する時は拇印にしよう。拒否する奴は知らん  

  
[ 2271107 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2019/03/24(Sun) 11:01
拇印の方がいいよな
偽造もできんし忘れることもない
印鑑は事故とかで指先が全部なくなった人向けの商品として残れば十分  

  
[ 2271108 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2019/03/24(Sun) 11:04
電子署名に関する記事なのになんで印鑑とサインでレスバトルしてんの  

  
[ 2271111 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2019/03/24(Sun) 11:12
タブレット端末使えば電子署名でもサインは使えるからね  

  
[ 2271118 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2019/03/24(Sun) 11:35
100年後に印鑑なんて使ってないだろうし今無くしても一緒でしょ。
印鑑業界は縮小して文化的なものとして細々やってれば良い。  

  
[ 2271120 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2019/03/24(Sun) 11:38
※2271096
うむ
デジタル云々よりまず役人の責任の所在をハッキリさせよう
中央官庁の役人は絶大な権限を持ってるにもかかわらず
それにつりあうだけの責任を負ってない
判子押したらそいつの責任ってことで事後追及できる制度が必要だ  

  
[ 2271126 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2019/03/24(Sun) 12:07
印章鑑定の方法には秘密の部分もあり余り公に語られませんが
現時点においてもっとも偽造が不可能な本人確認の方法なのです
1、印鑑登録時の市町村長の印鑑とつき合わせ暗号化した合成印章が作成される
2、印鑑登録時点から捺印毎におきる印章の変化の順列から時間の嘘がバレる
3、印章には捺印者の指腕の関節長と筋肉の付き方の情報が記録されている
4、捺印毎に使用された朱肉の成分その他もろもろ  

  
[ 2271131 ] 名前: 774@本舗  2019/03/24(Sun) 12:17
要は本人確認と承認が同時に証明出来れば問題無い。
つまり、マイナンバーを背乗り防止の指紋・DNA情報を含む情報と承認情報の保持を目的としたシステムに改修して本人写真付きICカードを持たせれば良い。
免許と年金・保険も加えればコストは軽減だろ?  

  
[ 2271176 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2019/03/24(Sun) 14:56
電子印鑑とか開発しろよ、偽物が理論上無理な奴  

  
[ 2271198 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2019/03/24(Sun) 15:47
もちろん文化としてだけでなく、実用性としてもしっかり有った方が良い。
そもそも印鑑を否定する意味もないと思う。  

  
[ 2271210 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2019/03/24(Sun) 16:10
はんこなんか本人確認できないから要らんだろ!
サインで良い!!  

  
[ 2271300 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2019/03/24(Sun) 20:47
署名して捺印がいい  

  
[ 2271354 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2019/03/24(Sun) 23:21
2271300さんへ
その通りだと思う。  

  
[ 2271411 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2019/03/25(Mon) 01:58
実務的な部分からはサインとか電子証明書でいいよ
手続きの最後にイベント的に行うのだけ印を残せばいい  

  
[ 2271534 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2019/03/25(Mon) 10:54
佐川のデジタルサインはやりにくいわ  

  
submit
誹謗中傷、差別、反社会的な内容、未成年に不適切なコメントなどはお控えください。
コメントスパム対策のため、きつめに禁止ワードを設定しております。
Comment:
 

Powered By 我RSS

トップへ戻る

アンテナさんからの人気、注目記事!!

おすすめ新着記事!!

政経chの全記事一覧はこちらになります
アクセスランキング ブログパーツ