2019/12/30/ (月) | edit |

newspaper1.gif
転職を機に、給与面も含めてステップアップしたい、そう思う方も少なくないでしょう。しかし、調査によると、転職した人の約4割しか年収アップを果たしていないが現実です。

ソース:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191230-00069166-gendaibiz-bus_all

スポンサード リンク


1 名前:首都圏の虎 ★:2019/12/30(月) 13:50:18.73 ID:cUlOOT3S9
転職を機に、給与面も含めてステップアップしたい、そう思う方も少なくないでしょう。しかし、調査によると、転職した人の約4割しか年収アップを果たしていないが現実です。

決してバラ色ではない転職活動のリアルーー。『年収が上がる転職 下がる転職』の著書があり、累計5000名を超える人たちと面談してきた転職エージェント、山田実希憲氏が解説します。
----------

6割の人は年収が上がらない

 転職して年収が上がった人、現状と変わらなかった人、下がった人の割合をご存知で しょうか。

 厚生労働省が雇用動向調査結果として毎年発表している資料があります。

 その中の「転職入職者の賃金変動状況(平成30年)」という統計表では、およそ40%の 人が年収が上がり、30%は変わらず、30%が減少したとなっています。

 つまり、転職した人のうち60%が年収が変わらず現状維持か、下がっているということになります。

 それはなぜなのか、少し整理してみましょう。

 一般的に年収が下がるケースとして多く見られるのが、直前年収を基準としながら、転職先の会社での実績はまだ出ていないので今の年収よりも(10%以内程度)低く提示さ れるケースです。

 想定年収の提示は、期待値が数字となって出てくるものです。

 企業にとっても人材にとっても、今までの経験が活かせるイメージを持ちやすいのは同じ業界、同じ職種での転職であるのはおわかりいただけると思います。

 異業界への転職となれば、成果が出るかどうか読みづらくなりますので、年収を下げないために、同業界同職種での転職が多くなっているのが現実ですが、それでも若干低い年収が提示されることがある、ということです。
.



賞与が年収を左右する

 また賞与支給のタイミングによって、一年目(初年度)だけ年収が下がるケースも多くみられます。

 内定時に提示される想定年収は今までと変わらない(現年収維持)のですが、入社して最初に迎える賞与はタイミングによって満額支給されないことが多いため、年収としてみると減ってしまうケースです。

 「想定年収」とは、賞与が確定した金額ではないために想定という表現が使われているものです。

 賞与自体が必ず払わなければならないものでもないこと、会社業績や個人業績によって変動があることから確定していない金額となります。

 ただ、賞与が保障された採用ということもあり得ますので、初年度の支給については事前確認をしてみましょう。

 提示上は現状維持であったとしても、実質は減ってしまうとなると生活上で不具合が出てしまうケースも考えられます。

 ちょっと違った例ですが、給与支給日が月末締、翌月25日払いの会社に入ったため1ヶ月間無収入状態になってしまい、慌てて相談を受けたこともありました。

 また、年収を下げてでも転職したいという人は少数派ですが、仕事に就かなければならないので、多少下がってもやむなしという選択をする人も一定数います。

 時期的な優先度が高くなって、選んでいられないという状況ですが、できる限り避けたいところです。

 これらの基本的なことを知らないがゆえに、結果的に年収が下がるという望まない結果になってしまうことがあります。

 年収をどれだけ重視するかには個人差があれど、収入が下がることを歓迎しますよ、という人はいないでしょう。

 普通に転職しようとしたときに抜けがちなこうしたパターンを知っておくことで、望まずに年収が下がるというリスクを軽減できます。

 転職が働き方の中で当たり前の選択肢になってきた現在だからこそ、知っておいていただきたい要素です。

12/30(月) 9:01配信
現代ビジネス

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191230-00069166-gendaibiz-bus_all
5 名前:名無しさん@1周年:2019/12/30(月) 13:55:40.06 ID:E4jlcyQk0
当たり前やんけ
13 名前:名無しさん@1周年:2019/12/30(月) 14:00:52.17 ID:UNAkdBRn0
給料下がっても現職場から脱出したい人の方が多いだろ。
16 名前:名無しさん@1周年[age]:2019/12/30(月) 14:02:42.90 ID:4FOMkvyh0
年収下がったけど、メンタルが健全になった。
20 名前:名無しさん@1周年:2019/12/30(月) 14:04:41.98 ID:u3nYAxV40
思った通りだが

52 名前:名無しさん@1周年:2019/12/30(月) 14:20:54.58 ID:pW23M8ZE0
いま転職活動中
年収上げたい
62 名前:名無しさん@1周年:2019/12/30(月) 14:33:12.80 ID:lR1M3DLg0
優秀なら取り引き先に引き抜かれるとか普通じゃね?
ワイはそれで転職したわ
102 名前:名無しさん@1周年:2019/12/30(月) 15:59:26.02 ID:KpTfa3Se0
転職とは階段を下りることである
117 名前:名無しさん@1周年:2019/12/30(月) 17:16:37.15 ID:+Smqt1OH0
年収変わらないなら時短がいい
123 名前:名無しさん@1周年:2019/12/30(月) 18:01:34.92 ID:rSXbrAss0
来年は軽貨物やって金持ちになるわ
引用元:https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1577681418/



スポンサード リンク


関連記事
コメントありがとうございます!
[ 2471024 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2019/12/30(Mon) 20:13
三割現状維持で
四割上がったなら大したもんや  

  
[ 2471037 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2019/12/30(Mon) 20:47
時短目的だと収入減るのが
前提の人も結構いるだろうから
むしろ、転職した方がよくないか?  

  
[ 2471041 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2019/12/30(Mon) 20:50
学歴だけはあっても実力がない証明。  

  
[ 2471047 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2019/12/30(Mon) 21:00
(´・ω・`).。oO(学歴にコンプレックスあるんやろなぁ)  

  
[ 2471062 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2019/12/30(Mon) 22:03
派遣10年目だけど上がった事しかないが
転職=もっといい条件では?  

  
[ 2471067 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2019/12/30(Mon) 22:08
現状維持(年収)を取るか精神衛生面での働きやすさを取るかが転職では本当に難しいわ  

  
[ 2471108 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2019/12/30(Mon) 23:14
せやから副業やれ言うとるやろ  

  
[ 2471136 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2019/12/31(Tue) 00:59
俺は転職してめちゃくちゃ年収上がったけどなぁ…
まあ、元々が低かった可能性もあるが  

  
[ 2471137 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2019/12/31(Tue) 01:01
日本はどこ行っても地獄だな…
本当に希望なんてないな  

  
[ 2471204 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2019/12/31(Tue) 05:34
バブルとまでは言わないけどさあ、もうちょっと希望をくれよ…
俺ら何の旨味もねえ世代じゃん  

  
[ 2471253 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2019/12/31(Tue) 07:50
仕事する側…というか、雇われる側に立つと日本は地獄。
その地獄におとなりが羨望の眼差し。将来の募集工待ったなし。  

  
[ 2471281 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2019/12/31(Tue) 09:08
地獄連呼してる奴は何故しがみついているの  

  
[ 2471323 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2019/12/31(Tue) 10:18
俺も給料は上がった。前の職場が酷かった。面接で前の給料言ったら、低!って言われたよ。  

  
[ 2471395 ] 名前: 通りすがりのエリート  2019/12/31(Tue) 12:31
そりゃそうでしょ。ほとんどの人は単純労働で無価値なんだから  

  
[ 2471544 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2019/12/31(Tue) 18:59
俺は人材の流動性を損なっている主軸はここだと思うんだよね
アメリカなど成長力のある国は契約に基づいて賃金が上昇しない事が多い
だから転職してキャリアアップを重ねて、人材的にも成長していく事ができる
だけど日本は転職歴がキャリアの傷のように見られる傾向さえある
ベースアップが止まっていて、更に転職で賃金が下がる傾向にあるってのは国の成長力を著しく低下させてしまう
人材やサービスという物以外のものに、もっと日本人は価値を見出し競争獲得していかないといけない
小泉政権の最大の失敗は人材の流動性をもたせる為に、企業のコストダウンと労働者の賃金低下を選択してしまったことだ
逆なんだよ、企業はコストアップによって人材獲得能力(予算規模)を上げていかなきゃいけないし、優秀な労働者は引っ張りだこになってガンガン稼がないといけない
そうじゃないきゃ国際競争力なんて上がる訳がない  

  
submit
誹謗中傷、差別、反社会的な内容、未成年に不適切なコメントなどはお控えください。
コメントスパム対策のため、きつめに禁止ワードを設定しております。
Comment:
 

トップへ戻る

アンテナさんからの人気、注目記事!!

おすすめ新着記事!!

政経chの全記事一覧はこちらになります
アクセスランキング ブログパーツ