2013/07/24/ (水) | edit |

imagesCA5R2SH5.jpg

スタジオジブリ最新作『風立ちぬ』が20日に公開された。ネット上ではすでに鑑賞した人たちの様々な感想があがっている。


引用元:http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1374634605/
ソース:http://news.livedoor.com/article/detail/7884909/

スポンサード リンク


1 名前:☆ばぐ太☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ば ぐ 太☆ Mkつーφ ★:2013/07/24(水) 11:56:45.37
・スタジオジブリ最新作『風立ちぬ』が20日に公開された。ネット上ではすでに鑑賞した人たちの様々な感想があがっている。

 公開前より多くの期待と注目を集めていた同作。公開前に試写を観た人たちの間では、賛否両論が巻き起こり、たとえば映画『おおかみこどもの雨と雪』(2012年)などで知られる監督・細田守氏が「こんなにいい映画はいままでになく、そしてこれからもない、というくらい、いい映画でした」と手放しで絶賛するなど、映像関係者たちの間では概ね好評だったのに対し、一般ユーザーのレビューでは、主演声優に抜擢された映画監督・庵野秀明氏の演技に違和感を覚えるといった意見など、低評価も少なからず見受けられた。

 こうした賛否両論の声は、公開後も続いている。お笑いコンビ、ロンドンブーツ1号2号の田村淳は、自身のTwitterで「感動しました!庵野さんの声に徐々に引きづり込まれます」とコメント。タレントの篠原ともえはTwitterで「5パターンくらい泣いた…。色の美しさで涙。言葉の美しさで涙。嬉し涙。悲し涙。あと言葉にならない涙。ぽろぽろと」と、感想をつづった。また、タレントの福田萌も「最後の30分間は、私、号泣。涙が涙が止まりませんでした。ハンカチは必携です」と、やはり感動したことを明かした。

 そうした賛辞の一方で、厳しい意見も。作家の東浩紀氏はTwitterで、「普通のユーザーの感覚からすれば、風立ちぬは、戦争産業に従事したり恋人が結核で苦しんでたりするのにまったく主人公に葛藤がないのでびっくりするし、ちょっと共感しがたい(どこに共感すればわからない)映画だと思う。宮崎駿はこういうものだと覚悟すれば、いい映画。そういう感じかなあ」と批評。コラムニストの中森明夫氏は、「宮崎駿『風立ちぬ』を新聞・テレビ・雑誌のどこも批判できないようなら日本のマスコミもおしまいだね。宮崎駿ファシズムだ。技術は極端に洗練され、思想的に成熟せず、政治的には正当(らしき)主張をする。現在の宮崎駿は戦前・戦中・戦後を通じて愛すべき『ダメな日本』そのものだ」と切り捨てた。(一部略)

http://news.livedoor.com/article/detail/7884909/

2 名前:名無しさん@13周年:2013/07/24(水) 11:57:51.34 ID:5DXswqo50
釣り針作品、いろんなタイプが釣れる

3 名前:名無しさん@13周年:2013/07/24(水) 11:57:53.46 ID:LJgWN06KP
もう引き出しとっくにカラッポでしょ

4 名前:名無しさん@13周年:2013/07/24(水) 11:58:25.60 ID:PVCUusNL0
綺麗事で済ました映画

8 名前:名無しさん@13周年:2013/07/24(水) 11:59:00.01 ID:BjqPkfbT0
淳が誉めてるくらいだから駄作なんだろう

13 名前:名無しさん@13周年:2013/07/24(水) 12:00:22.67 ID:ITHsgPDh0
主人公がサムゲタン食べるシーンがあるって本当なのか?

14 名前:名無しさん@13周年:2013/07/24(水) 12:00:32.71 ID:BmsUpz380
駿が右翼とか言われる時代が来るとは

15 名前:名無しさん@13周年:2013/07/24(水) 12:00:45.98 ID:ZJ5aKcEV0
法則発動ゴゴゴ

19 名前:名無しさん@13周年:2013/07/24(水) 12:02:13.28 ID:9e1BZ0Hz0
もう駿はだめかもしれないな

34 名前:名無しさん@13周年:2013/07/24(水) 12:06:23.88 ID:z4M2AWHpT
もう純粋に観れないね(´・ω・`)

36 名前: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:5) :2013/07/24(水) 12:07:13.15 ID:WW5TjmiOO
作るのやめたんじゃなかったの?

35 名前:名無しさん@13周年:2013/07/24(水) 12:07:08.41 ID:w9YyKtmzO
大げさすぎ。
単なるアニメによってたかってあれこれ言いすぎだわ。




39 名前:名無しさん@13周年:2013/07/24(水) 12:07:35.54 ID:uivtTDJe0
見てないから何とも言えない

45 名前:名無しさん@13周年:2013/07/24(水) 12:09:15.08 ID:C40u8AmB0
いまのジブリ作品なんかより
鉄拳のパラパラ漫画の方がよほど感動する
こうやって比較する事自体が鉄拳に対して失礼なくらい

52 名前:名無しさん@13周年:2013/07/24(水) 12:10:20.15 ID:xq32H4+20
今のパヤオを真っ向批判できるのは押井くらいのもの
でも、今回はそこそこほめているらしい

62 名前:名無しさん@13周年:2013/07/24(水) 12:12:58.45 ID:dOz8uOC+0
細かいことは気にしない
何も考えないで見れば良い映画だよ

71 名前:名無しさん@13周年:2013/07/24(水) 12:13:42.65 ID:A28QoHeUP
最近都合よく賛否両論って言葉が使われてる気がする・・
賛成がお金払って言ってもらうマーケティングで
否定は生の感想 って感じ。

72 名前:名無しさん@13周年:2013/07/24(水) 12:14:00.68 ID:uWYVabQt0
たかがアニメだろ

82 名前:名無しさん@13周年:2013/07/24(水) 12:17:24.66 ID:Jp0/QKJd0
パヤオが仕事中毒の自分を正当化するアニメと思えばわかるよ

100 名前:名無しさん@13周年:2013/07/24(水) 12:20:17.22 ID:6dl6SepV0
>>82
同時に戦争に対する異常な好奇心を正当化するアニメ

87 名前:名無しさん@13周年:2013/07/24(水) 12:18:10.03 ID:3ifwFagM0
恋人が結核で苦しむとかケータイ小説かよw

102 名前:名無しさん@13周年:2013/07/24(水) 12:20:53.44 ID:lLBMieOf0
カリオストロとラピュタとコナンだけでいい

115 名前:名無しさん@13周年:2013/07/24(水) 12:23:43.89 ID:IqEs3/cpO
なんか見たくなってきたぞ

132 名前:名無しさん@13周年:2013/07/24(水) 12:25:52.98 ID:apLYn8AI0
話がブツ切りで面白くなかった
庵野の声が最後まで違和感ありまくりで駄作だわ

139 名前:名無しさん@13周年:2013/07/24(水) 12:26:40.05 ID:H6JEYgK4P
まあ観た人の9割は泣いてた

143 名前:名無しさん@13周年:2013/07/24(水) 12:27:36.81 ID:TvjTIWBM0
淳は薄っぺらい

152 名前:名無しさん@13周年:2013/07/24(水) 12:29:09.15 ID:u/+4eN+JP
声に違和感あるのわかるけど
ファシズムって違和感ある

155 名前:名無しさん@13周年:2013/07/24(水) 12:30:53.42 ID:lcWtYUnI0
みてないけど、綺麗な景色とか、かわいい女の子、
ユーミンの歌、以外はからっぽなイメージ

157 名前:名無しさん@13周年:2013/07/24(水) 12:31:03.87 ID:ZzuUuCFyO
反響が凄いことになってるね
自分で観て確かめたら良い

158 名前:名無しさん@13周年:2013/07/24(水) 12:31:07.22 ID:gV+Per8TO
サヨク映画は 見ない

161 名前:名無しさん@13周年:2013/07/24(水) 12:31:19.93 ID:EOkQn6Ru0
ただ兵器オタがつくった趣味映画だろ
そんなご大層に構えてみる方が悪いわ

183 名前:名無しさん@13周年:2013/07/24(水) 12:35:30.17 ID:mRdtu5ld0
銀魂のほうが100倍面白かった

186 名前:名無しさん@13周年:2013/07/24(水) 12:36:11.07 ID:Vt43pfWx0
>>183
あれは本当に銀魂って感じの映画でしたね。

194 名前:名無しさん@13周年:2013/07/24(水) 12:38:16.31 ID:/kUpj//n0
ジブリってまだ声優に素人使う変なこだわりがあるのか
いい加減作品の完成度を落とすだけだから止めたらいいのに

217 名前:名無しさん@13周年:2013/07/24(水) 12:43:53.11 ID:nFwtOCMm0
ジブリ映画って始まると終わりまで
グッスリ眠れるんだよな

227 名前:名無しさん@13周年:2013/07/24(水) 12:46:05.65 ID:u57aOIHV0
左翼ってのは気難しいね~~

252 名前:名無しさん@13周年:2013/07/24(水) 12:51:08.81 ID:4Ifuz5Ob0
何も考えずに見てたけど、結局泣きどころが
分からず終わってしまった
演出がかなり淡白だからね
逆に深読みすれば楽しめる作品なんじゃないかな?
岡田斗司夫のような解釈をすれば、
ほくそ笑むことができる作品だとは思う


スポンサード リンク


関連記事
コメントありがとうございます!
[ 459301 ] 名前: 名無しさん@ニュース2ちゃん  2013/07/24(Wed) 14:44
アニメって段階でなんかダメだw
アニメは子供のためのものって感じがするから  

  
[ 459309 ] 名前: 名無し  2013/07/24(Wed) 14:51
迷うなぁ
CM 見ると見たくなる  

  
[ 459311 ] 名前: 名無しさん  2013/07/24(Wed) 14:53
そうか
じゃあ銀魂みてくるわ  

  
[ 459312 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2013/07/24(Wed) 14:54
結核で苦しむヒロイン≒お母さん
仕事に没頭する主人公達≒お父さん
物語のインスピレーションはジブリ帝国の崩壊と大日本帝国の崩壊を重ねる。
過去語りの理由は息子が父である自分にすがりつくような情けない映画
作ったから。
誰に向けて作ったか→崩壊するジブリ帝国の労働者たちに向けて。
 つまらない映画はちゃんとつまらなかったと言った方が健康にいいよ。  

  
[ 459317 ] 名前: 名無しさん@ニュース2ちゃん  2013/07/24(Wed) 14:58
ロンブー淳が関わるとジブリの品格が下がるわ
ジブリをロンブー淳の政治利用辞めて不愉快  

  
[ 459318 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2013/07/24(Wed) 14:59
ドラマは団塊のためのものって感じがするからアニメでいいや
漫画原作ドラマも九割地雷だから漫画読むし、まだアニメ化のが期待もてるし
まさかハリウッドなんて子供だまし脚本見る気にもなんないし  

  
[ 459319 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2013/07/24(Wed) 14:59
ほくそ笑むの意味がわからん  

  
[ 459324 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2013/07/24(Wed) 15:02
ただの雑魚芸人が感想言うだけで「関わった」とか・・・
わりと病気だぞ、それは。  

  
[ 459325 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2013/07/24(Wed) 15:04
アニメ作品を深読みしてドヤ顔するのは信者だけじゃね?
たいていの人は一回観てふーん、あっそ。で終わり  

  
[ 459333 ] 名前: z  2013/07/24(Wed) 15:15
ファシズムの意味が違うような、、、、、
それどころか政治的なシーンって何処?

まあ主人公に共感できない人間がいてもしょうがないだろう。
自分の感情を押し殺して毅然と振る舞うって、端から見てると感情の無いロボットに見えるときがあるからな。
だからあの手の人間を主人公にする物語を描くのは、ものすごく難しいんだよ。
ちょっとしたことで駄作になってしまうから。  

  
[ 459339 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2013/07/24(Wed) 15:26
政治家になりたくて好感度上げようと必死だなボンクラ芸人(笑)  

  
[ 459340 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2013/07/24(Wed) 15:27
東が言うなよ
自分の本読み直してから言え  

  
[ 459341 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2013/07/24(Wed) 15:28
金を払って見る気がしない
コクリコも数年経って見たが金払わなくて正解って思った
3年後ぐらいのテレビ放映で十分だ  

  
[ 459342 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2013/07/24(Wed) 15:31
最後の御奉公に、もう一度、冒険活劇をやってくんねーかなあ
純然な映像美に独創的な世界観、そんで分かり易いボーイミーツガールと熱い物語
もちろん鬼門の声優も、全員プロを取り揃えてさ
うーん、そういう外連味の無いスタイルは、もう今後一切、踏襲されないんだろうか?  

  
[ 459343 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2013/07/24(Wed) 15:32
おいおい、結核は今でも難病だぜ?  

  
[ 459344 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2013/07/24(Wed) 15:32
#459301
宮崎駿もそういう認識だったから、鈴木プロデューサーからこの作品の映画化を持ちかけられた当初は断ってた。
けれど、鈴木プロデューサーが食い下がって、また、ほかのスタッフからの意見などもあり、映画化に踏み切ったみたいだね。

映画のパンフレットより、鈴木プロデューサーの言葉の一部を抜粋するよ。

>そんな彼のことを熟知していたぼくは、当たり前のように、今度は「風立ちぬ」を作ろうと提案した。
>しかし、彼の返事はにべも無かった。
>「鈴木さんはどうかしてる。この漫画は俺の趣味の範囲で描いている。映画化などとんでもない」
>「アニメーション映画は子どものために作るべきで、大人物を作ってはいけない」

宮崎駿らの対談から宮崎駿の言葉の一部を抜粋。

>でも鈴木さんのその提案には、どうかしてるんじゃないかと思ったんです。
>ところがプロデューサー室のある女性が、「子供はわからなくてもわからないものに出会うことが必要で、そのうちわかるようになるんだ」と言ってくれて、そういう考え方もあるなあと。
>どういう作品になるか見当もつかないまま「じゃあやりますか」ということになったわけです。  

  
[ 459345 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2013/07/24(Wed) 15:33
仮にこれを他の誰かが作ってたらフルボッコになる
そういう作品
  

  
[ 459348 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2013/07/24(Wed) 15:35
うちの爺さんはおそらく戦地で何人も撃ち殺しただろうけど(そうしないと生き残れない場所だった)、
俺にとっては良く笑う優しい普通の爺さんだったよ。
その当時を生きた人間がその時感じた気持ちは今の時代の人間には分からないものがあるだろうよ。
主人公の気持ちを理解できないのはおかしいとか、そんなことは言うつもりないが
ファシズムうんぬんってのはズレてるんじゃないの。  

  
[ 459349 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2013/07/24(Wed) 15:40
#459343
そうだけと、映画の時代の日本にはまともな治療法が無く(ストレプトマイシンは1940年代から開発され、日本で発売されたのは1950年(昭和25年)。)、空気の綺麗なところで本人の治癒力に任せるしか無かったから、現代以上に脅威だったんだよ。  

  
[ 459350 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2013/07/24(Wed) 15:40
風立ちぬはまだ見てないけど
千と千尋=パクリ、ハウル=原作無視 で宮崎駿は劣化してきてるなと思う。
俳優は使ってもいいけど、棒読みやら
明らかに老女の声した女優を少女の役に使われると
いちいちしらけるから止めてほしい。

もはやアニメ映画界のFFじゃない? 見所はビジュアルのみ(あと音楽もか?)  

  
[ 459351 ] 名前: 名無しさん  2013/07/24(Wed) 15:41
早速権威に擦り寄るあたり、ロンブー淳らしい。  

  
[ 459352 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2013/07/24(Wed) 15:42
今回はパヤオがやりたいことやっただけ、戦争描写は背景に過ぎなかったし政治的な主張なんて全くなかった  

  
[ 459353 ] 名前: 名無しの壺さん  2013/07/24(Wed) 15:44
とりあえず淳は次の声優枠狙ってるんだろ
今のジブリにぴったりなちゃらい人選ですね  

  
[ 459354 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2013/07/24(Wed) 15:45
#459341
「コクリコ坂から」の監督は宮崎吾朗だよ。
「ゲド戦記」もね。  

  
[ 459355 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2013/07/24(Wed) 15:48
459350
パクリって話はついてるはずだぞ  

  
[ 459356 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2013/07/24(Wed) 15:48
「何でこんなもんに金払っちまったんだろう」と思って泣けたよ  

  
[ 459358 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2013/07/24(Wed) 15:48
#459350
「千と千尋の神隠し」がパクリ?
初耳なんだけど、どの作品のパクリだと思ってるの?  

  
[ 459359 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2013/07/24(Wed) 15:50
こうやって話題にすることがすべて向こう側の思惑通り。  

  
[ 459360 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2013/07/24(Wed) 15:50
宮崎監督ってファシストというよりどちらかというとコミンテルンっぽいイメージがあるよな…
宮崎監督でファシストってどんだけ極左なんだよ…  

  
[ 459366 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2013/07/24(Wed) 15:57
面白かったよ

いろいろな指摘は監督の想定内だろう
基本的にはあえてくどくど説明しないつもりだったろうし

わかるやつだけわかればいいとしたワンマン映画  

  
[ 459367 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2013/07/24(Wed) 15:58
見たけど普通につまらなかったよ
  

  
[ 459376 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2013/07/24(Wed) 16:10
今日見てきたけどみんな始終無言。主人公の棒読みはひどかった。先週見た銀魂をもう1回見れば良かった。  

  
[ 459377 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2013/07/24(Wed) 16:12
459358
パクリっていうか原案とかに近いと思う
もともと「霧のむこうのふしぎな町」という作品をアニメ化しようとしたが叶わず
それに影響を受けた千と千尋を作ったとかいう話

ただ著作側も本の帯に影響を与えたって書いてるし
パクリって言い方は悪意がありすぎる  

  
[ 459386 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2013/07/24(Wed) 16:23
ジブリのトップは鈴木Pだしそもそも風立ちぬを映画化しようとしたのも
この人だから、宮崎監督への批判の大半がおもいっきりズレてんだよね。

その批判はジブリや電通日テレに対してじゃないか?ってのが多いと思う。  

  
[ 459387 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2013/07/24(Wed) 16:23
まあ、良くも悪くも…こういうマーケティングなんだなと思う。
一般層にはCMだけ流せばいいし、ブランドって事で普通に集客できる。
ネット民には刺激的なアプローチで炎上させるのが手っ取り早い。

多くの宮崎フリークは…もう10年以上、オアズケ状態なのだからw  

  
[ 459392 ] 名前: 名無しさん@ニュース2ちゃん  2013/07/24(Wed) 16:26
こいつらメンドクセェ  

  
[ 459393 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2013/07/24(Wed) 16:26
結局ネガキャンが大失敗したって話なのね  

  
[ 459397 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2013/07/24(Wed) 16:38
原作読んだ事しかないけど泣ける話になってるらしいのが謎
豚鼻の青年がずっと設計ばかりやってた気がする
ミリオタ作者による航空機の薀蓄話って感じの漫画だった  

  
[ 459400 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2013/07/24(Wed) 16:42
出張ってくんなよブタミ  

  
[ 459401 ] 名前: 名無し  2013/07/24(Wed) 16:42
機械に魅力を感じるが、それらはことごとく戦争に転用される。
空を飛び、陸を往き、海を渡る機械達は大きな夢を見せてくれるが、同時に戦争に使われる事を拒否できないジレンマがあるんだよな。  

  
[ 459410 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2013/07/24(Wed) 16:54
押井ってうれなかったら監督辞める(キリッ
つって売れなかったアニメ作った人か

  

  
[ 459415 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2013/07/24(Wed) 16:58
どうせ金曜ロードショーですぐやるだろ  

  
[ 459417 ] 名前: 名無しさん  2013/07/24(Wed) 17:01
もうろくしたよ。
クリエイターとしてももうお話をまとめる力が残ってない。  

  
[ 459420 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2013/07/24(Wed) 17:03
面白いか面白くないかは見てないからわからんけど、
少なくとも、アニメを見てファシズムとか言いだしちゃう人って、頭のビョーキだと思うのw  

  
[ 459421 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2013/07/24(Wed) 17:04
#459377
解説ありがとう。

#459397
原作にはイタリアのカプローニ伯爵、出てくるの?  

  
[ 459425 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2013/07/24(Wed) 17:08
庵野は基本棒読みなんだけどそんな庵野が感情入るシーンがあってそこはグっときてしまった。
最後のシーンの二郎のセリフとか。
ただストーリー自体は戦時中、結核などありきたりではある。

  

  
[ 459428 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2013/07/24(Wed) 17:16
>459377
その原作持ってるけど、ジブリ作品で見てみたかった・・・
なぜだめだったのだろう。

千と千尋は「クラバート」っていうドイツの児童文学が下地になってると聞いたけど?
いろいろな作品にインスピレーション受けたんじゃないのかな。
原作のクラバートの表紙を見ると、ジブリのハウルを思い出す。  

  
[ 459433 ] 名前: 名無しさん  2013/07/24(Wed) 17:21
なんかステマっぽくなてきたな  

  
[ 459452 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2013/07/24(Wed) 17:36
私はあの時代のエリートってかっこいいなと思った。
ドイツでの二郎とドイツ人とのやり取りや、本庄がドイツの技術をバッチリ吸収して帰ってきたこととか。

黒川さんは架空の人物(堀辰雄の小説にも出てくるらしい。)のようだけど、本庄と里見さんは実際に三菱にいた人なんだってね。
黒川さんみたいな上司は憧れる。  

  
[ 459458 ] 名前: リアリストたれ  2013/07/24(Wed) 17:44
ジブリは昔から話は滅茶苦茶だろう。
結局、神がかり的に可愛い絵柄や過剰な演出という
宮﨑駿の唯のアニメーションに釣られてるだけなんだな。
最近はもう化けの皮が剥がれてきたというか、もう歳だろ。
  

  
[ 459477 ] 名前:           2013/07/24(Wed) 18:02
反戦を訴えながらも
戦闘機や戦争が大好きってのがにじみ出ててパヤオには矛盾を感じてる。
まあアニメは好きなんだけどさ。  

  
[ 459478 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2013/07/24(Wed) 18:02
天才はエゴイストなんですよ!!!!!

って事を力説した映画  

  
[ 459484 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2013/07/24(Wed) 18:15
見てきたけどすごくつまらなかった

もう引退城  

  
[ 459491 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2013/07/24(Wed) 18:23
自分の好きなものときれいなものだけを描き、適当に思いついたリアルっぽさをブチ込み、時代考証も堀越二郎や元小説に対する責任も全て放棄して、中途半端上等で好き勝手に作ったパヤオによるパヤオの為の妄想ファンタジー映画。

・・・だったらまだしも、鈴木Pに何か吹き込まれたのか知らんが、『セールス』というパヤオにとっては余計な要素を入れてしまったがために、パヤオの為であることすら中途半端になってしまった、非常に残念な作品。

要するに駄作。  

  
[ 459507 ] 名前: イノウェイ  2013/07/24(Wed) 18:31
パヤオ本人も言ってるけど

主人公に関しては一切調べてないんだと・・・

はぁ?だよな 
もう地球以外の惑星を舞台にしたほうがいいわ^^  

  
[ 459516 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2013/07/24(Wed) 18:39
こんなのレンタルDVDのゴニョゴニョで十分だわ・・
ジブリのDVDって何十年前のものでも絶対に安くならないボッタクリだし・・
最近のは高い金払ってまで見る価値も無くなってきたし・・ジジイもそろそろ隠居だな。  

  
[ 459521 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2013/07/24(Wed) 18:45
病の妻への気遣いもなく、他人の命も省みず、許されたからいいんだと責任を放棄して、ただ飛行機のみに愛情を注いで、とにかく好き勝手絶頂に生きてきたのに、最後の最後の最悪な妥協で愛するゼロ戦を失ってしまった二郎。
宮崎監督が、そこに自分を重ねていたとしたら面白いね。

でもまあ、あそこまで自分本位な映画にすんだったら、他人の伝記の体をとらず完全オリジナルでやれやと思うわな。
実在の堀越氏は、飛行機への愛と兵器を作る事への矛盾にすげえ苦しんで葛藤したのに、アニメのほうはそんな素振りゼロだし。
宮崎爺さんの気色悪い夢に巻き込まれた堀越氏はえらい迷惑だろ。  

  
[ 459534 ] 名前: 名無しさん  2013/07/24(Wed) 18:56
淳は第2の矢口でも狙っているのかw  

  
[ 459535 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2013/07/24(Wed) 18:57
>>459348

パヤオはむしろこの映画で、そういう地べたを這いずり泥を噛んで本気で生きようとしていた人々をないがしろにしてると思うよ。
戦争を題材にしながら、まさに戦火の中にいた一般人の生活には目もくれていないし。

俺らのご先祖は、この映画の主人公やその周りの「美しい人間」たちとは真逆の、「美しくない人間」。この映画なら主人公と無関係な「モブ」のほう。

でも俺は、そういう人たちの子孫であることこそ誇らしい。
その人たちが何が何でも生き抜いてくれたからこそ俺がいて、いまの日本がある。  

  
[ 459539 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2013/07/24(Wed) 19:01
>>459452
ちなみに鳥人間コンテスト第1回優勝機は本庄さん設計。
堀越さんは審査委員長の候補だったらしい(実際は大学同期の木村さんになった)。
あと、堀越さんは日大のチーム総監督ででた、って話もあるけど正確かどうかは不明。
…なんと本庄さんも堀越さんも日テレ(ジブリ)つながりw
どうでもいい小話でした。  

  
[ 459541 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2013/07/24(Wed) 19:02
4分CMのほうが本編より良かった。  

  
[ 459544 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2013/07/24(Wed) 19:03
459421
カプロニおじさんも出てた
何故かフランケンみたいな顔になってるメッサーシュミット博士も出てきてたw

原作漫画はカラーだけど5ページ×9話程度しかないから物語りは薄いかも
人物の台詞よりも宮崎駿の薀蓄の方が多いくらい  

  
[ 459595 ] 名前: 名無し  2013/07/24(Wed) 19:50
ラブストーリー好きの単純バ〇女なんかはコロッと感動した泣いたってなりそうだね。
映画は置いといてあの発言知って宮崎は時代が止まってる人だと思った。  

  
[ 459613 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2013/07/24(Wed) 20:06
見てきたが、よかった。結核に文句を言っている奴がいるが、そもそも『風立ちぬ』を読んだことあるのか。
日本文学史上の名作だぞ。堀の紡ぎ出す美しい日本語を読め。自分は高校の時読んだ。

それからこれは誰かも言っているように、淡白というか非常に抑制された演出だ。堀の文章が非常に抑制されているのと似ている。誰も泣きわめいたりしない。小津安二郎に通じるところがあり、だから映画人からの評価は高い。小津の東京物語は世界の批評家から最高の映画という評価を受けた。

とにかく美しい飛行機を作りたいという技術家魂を描いた映画で、政治色は排除してある。だから左翼には受けが良くないのだ  

  
[ 459636 ] 名前: 名無しさん@ニュース2ちゃん  2013/07/24(Wed) 20:29
中森明夫ってまだそんなに発言力あるのか?  

  
[ 459663 ] 名前: 名無しの日本人  2013/07/24(Wed) 20:45
どうやらテレビで放映した時に流し見するレベルっぽいな
パヤオはハウルから楽しめなくなってしまった  

  
[ 459706 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2013/07/24(Wed) 21:22
>>459613

結核の嫁とのキスは原作の小説にもあるのか?
死してなお「生きて!」と呼びかけるような妻が、あのキスを喜ぶはずがないと思うんだが。
なんか、いちいち独りよがりで気持悪いんだよなーこの映画。  

  
[ 459721 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2013/07/24(Wed) 21:37
宮崎さんて、嫌いな物は客観的に生き生きと描けるんだけど、好きな物描くととたんに偏執的というか、ダメになるよね。

二郎への自己投影と、クリエイターという職業への美化がひどすぎて引いた。
奥さんのナオコ?のほうも『潔い』とかの言い訳で誤魔化してるけど、単なる都合のいい女。いつもの記号的ヒロインに過ぎない。

原作のナウシカみたいな女とか、宮崎さんはたぶん嫌いなんだよね。
だからあれだけ完成された作品に仕上がったんだと思う。  

  
[ 459797 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2013/07/24(Wed) 22:57
非難轟々の庵野起用も、『次のクリエイターに託す』的な意味合いが込められてるんだろうけど、観客にとっては「知らねーよ」って話だよな。完全に内輪受け作品。
一般人から金取っていいレベルの映画じゃない。パヤオ自身に全く興味ない親子連れとか、ホントかわいそうだわ。
こんなもん、ジブリ美術館とかでテキトーに流しとけば良かったんだよ。

でもまあ、俺は子供時分からジブリ作品には楽しませてもらってきたし、今回の映画代は去りゆく元巨匠へのはなむけだと思ってる。  

  
[ 459819 ] 名前: リアリストたれ  2013/07/24(Wed) 23:20
>459797
だからこいつは、アニメーションは作るけど映画は作ったことはないから。  

  
[ 459827 ] 名前: リアリストたれ  2013/07/24(Wed) 23:32
結局アニメ映画の先駆は押井であり、日本が誇れるレベルのアニメ映画監督は押井しかいないのであった。駿は2chレベル、つまり画が恐ろしく上手い落書き屋さん。こいつが評価されるというのはやはり人々は低い方に流れるんだなとつくづく思わされる。でも最近のは雰囲気作りという点で作りが甘いせいで、多くの人が目を覚まし始めてるのがなんとも。
  

  
[ 459885 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2013/07/25(Thu) 00:58
モデルグラフィックス誌に連載される宮崎駿のミリオタ漫画は女の子はちゃんと宮崎顔なんだけど、野郎共を描くのは面倒臭いのか皆んな豚顔になってしまう
今作の堀越二郎も同様
(紅豚も同誌に掲載された読み切り漫画だったけど、ポルコ以外の男キャラもほぼ全員豚顔)

なので原作漫画にはシリアスな感じは無い
なお、雑誌掲載時の原作漫画の副題は「妄想カムバック」だった  

  
[ 459910 ] 名前: 名無しさん@ニュース2ちゃん  2013/07/25(Thu) 02:10
作ってる人間は、右とか左とか、特に意識してない
これも見る人によって右や左って評価が出てるなら
見てる側の人間が、そういう質なだけだ  

  
[ 459927 ] 名前: めろめろ  2013/07/25(Thu) 02:41
宮さんこれが最後の劇場作品じゃない?
良くも悪しくも興味あるものを詰め込んだって意味で。

オレは「カリ城」と「トトロ」しか評価しないからどおでもいいんだけどさ。
犬監督は宮さんが一線から退いたら誰に噛み付くんだろね。  

  
[ 459949 ] 名前: 名無しの日本人  2013/07/25(Thu) 04:07
ただでさえ戦時中の話って繊細な取扱いが必要なのに監督自身が政治的な発言をしたからな
あれが一番のネガティブキャンペーンになってると思う  

  
[ 460069 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2013/07/25(Thu) 08:58

おまえらさ岡田斗司夫とか東浩紀とか中森明夫とか区別つくの?

やせたのは岡田だっけ? あれ大塚 英志だっけ  

  
[ 460134 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2013/07/25(Thu) 10:21
#459521
だから、あれは堀越二郎のドキュメントじゃないってば。
堀越二郎+堀辰雄を素材にしたフィクション、オマージュだよ。
リアリティを期待して観たらがっかりするに決まってるでしょ。  

  
[ 460141 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2013/07/25(Thu) 10:27
#459544
漫画は宮崎駿の趣味で描いていたもので、映画にするつもりはさらさら無かったみたいよ。

飛行機の薀蓄満載の漫画か。
私にはわからないかもしれないけど、ミリヲタ、飛行機ヲタの夫なら喜ぶかもしれないな。  

  
[ 460182 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2013/07/25(Thu) 11:43
誤 引きづり込まれます
正 引きずり込まれます  

  
[ 460230 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2013/07/25(Thu) 12:41
アニメオタクは邪魔な存在
庵野なんて一般人は知らない  

  
[ 460326 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2013/07/25(Thu) 14:35
#460230
日本のアニメは外貨を稼いでいますよ。
内需にも貢献してます。  

  
[ 460504 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2013/07/25(Thu) 18:25
率直に言って変態仮面の方がマシだった  

  
[ 460526 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2013/07/25(Thu) 18:42
>>460134

名前まんま使ってオマージュもなにも・・・
故人の名を借りて、きれい事といいとこどりのみの映画作るって冒涜じゃねえの。  

  
[ 460529 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2013/07/25(Thu) 18:44
オリジナルの作品を作ることもできず、原作や元になる人物への責任も果たせないジブリには、もはや未来はないね。  

  
[ 460536 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2013/07/25(Thu) 18:50
映画にする気なかったとか、子供向けじゃないとか、予備知識がないとわからないとか、深い意味が込められてるとか、言い訳ばっか。
つまんねえもんはつまんねえんだよ。  

  
[ 460814 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2013/07/25(Thu) 22:49
見所はジブリの作画だけ。  

  
[ 461003 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2013/07/26(Fri) 01:56
このどの作品でも出てくる同じようなメガネのお父さんって宮崎駿の自己投影だよね
多分声もそうなんじゃないかな  

  
[ 461252 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2013/07/26(Fri) 10:17
460526
亡くなった堀越二郎と堀辰雄の御両人がどう思われるかはわかりませんが、直堀越二郎の径の子孫の方は感激してくれたようですよ。
映画のクレジットにも子孫の名前が出ています。
それと、映画の冒頭くらいかな?、はっきりとフィクションと銘打ってあったような。(うろ覚え)
また観た時に確認しますね。  

  
[ 461257 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2013/07/26(Fri) 10:20
#460536
まぁ、感じ方は人それぞれですから。
万人受けする映画では無いですよね。
少なくとも、時代背景を理解していない人や子供、情緒を理解しない人、アクション映画を期待していた人などには受けないでしょう。  

  
[ 461528 ] 名前: 政経ch@名無しさん  2013/07/26(Fri) 16:50
× 直堀越二郎の径の子孫の方は感激してくれたようですよ。
◯ 堀越二郎の直系の子孫の方は感激してくれたようですよ。  

  
[ 462056 ] 名前:    2013/07/27(Sat) 02:00
ヒロインが健気で可愛いってだけで十分だぜ。

声もそんなに気にならなかった。一般人がそんなに劇団員みたいに感情表現豊かに喋れるかよって思うので別にいいや。
エンディングの辺りはもうちょっと何とかして欲しかった。ちょっとあっさりし過ぎ。

今度はジェットエンジン開発悲話(Me-262→橘花)とかの話もやって欲しいな。
というか、「宮崎駿の雑想ノート」の映像化が・・・  

  
submit
誹謗中傷、差別、反社会的な内容、未成年に不適切なコメントなどはお控えください。
コメントスパム対策のため、きつめに禁止ワードを設定しております。
Comment:
 

Powered By 我RSS

トップへ戻る

アンテナさんからの人気、注目記事!!

おすすめ新着記事!!

政経chの全記事一覧はこちらになります
アクセスランキング ブログパーツ